かっぱ橋道具街での購入品

Photo by macaroni

1〜3は小松屋、4〜8は和の器 田窯、お盆は風和里にて購入。
青を中心とした寒色系で色のトーンを統一させた、計8点の豆皿を購入しました。お盆に並べてみると、形や素材感はバラバラですが自然とまとまりが出ています。

「いろいろ食べたい」を満たす、豆皿定食♪

Photo by macaroni

カフェ風の豆皿定食を意識しつつ、盛り付けたものがこちら。うつわのトーンは少し控えめにしたので、合わせる食材は彩りの良いものをチョイスしました。特別な盛り付けセンスは必要なし。かわいい豆皿のおかげで、残り物のおかずが華やかに変身しました。

「洗い物が増えるなぁ……」なんて現実的な声が聞こえてきそうですが、たまには豆皿をいっぱい並べ、食事を楽しんでみるのもいいのではないでしょうか。

かっぱ橋道具街で出会った「豆皿」で、毎日の食卓をもっと楽しむ

プロユースな印象がありますが、筆者のような一般客が訪れても十二分に楽しめるかっぱ橋。豆皿であれば1つ数百円で手に入りますし、無数の商品のなかから自分好みの豆皿を探す時間は、宝探しのようでうつわ好きにはたまりません。

掘り出し物を探しに、また、毎日の食卓をより充実させるためのヒントを探しに、かっぱ橋道具街へ訪れてみてはいかがでしょうか。

文 / 高崎 瑞輝(macaroni編集部)
▼これまでの連載はこちら
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ