ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

ヨーグルト嫌いを克服させたヨーグルト

Photo by akiyon

実はヨーグルトが苦手だった筆者。スーパーで「おひとり様1個限り」と書かれた、あるヨーグルトを購入して以来、その生活は一変。なんとリピートして買い続けるほど好きになりました。

その名は「湯田ヨーグルト」。今まで食べたことのないような濃厚な味わいにびっくり!いまではプレーンと加糖の2タイプを、週替わりで交互に楽しんでいます。

SNSやテレビでも話題沸騰…!

SNSでも「今まで食べたヨーグルトのなかで一番おいしい!」「うちの定番ヨーグルトにした」と、湯田ヨーグルトを高く評価する声が続々。

最近ではある芸能人が「カレーと一緒に食べると絶品」と紹介し、話題沸騰中なんです。

プレミアム 湯田ヨーグルト(プレーン)

Photo by akiyon

670円(税込)
「湯田ヨーグルト」は、2タイプともレトルト食品でよく使われるアルミパウチ容器入り。「プレーンタイプ」は、紺色のラベルが目印です。

生きたまま腸まで届く「プロバイオティクス乳酸菌(ビフィズス菌 BB-12)」を使用し、岩手県産の新鮮な生乳と生クリームをブレンド。添加物や香料は使用せず内容量は800g、カロリーは100gあたり83kcalです。

濃厚なのに後味すっきり!

Photo by akiyon

まず驚くのが、そのテクスチャー。さじにこんもりとのり、少し傾けても流れ落ちないほどもったりとしているんです。風味はヨーグルトというより牛乳のようで、袋を開けたときからミルキーな香りに癒されますよ。

酸味が少なく、コクや旨みがたっぷり!わずかながら素材自体の甘みも感じますね。とても濃厚なのに後味がすっきりとしていて、たっぷり食べても飽きませんよ♪

ある芸能人の食べ方!激辛カレーと一緒に食べると…

Photo by akiyon

プレーンタイプのクセのない味わいを利用して、アレンジ料理に使うほか、なかには自分流の楽しみ方をする人も。ある人気テレビ番組では、カレー好き芸能人の「激辛カレーに添えて食べる」という方法が紹介されていました。

刺激がマイルドになり、コクや旨みも楽しめるところがおいしいのだそう。筆者も試しに食べてみましたが、たしかに合う!もともとヨーグルトはカレー作りに使われることもありますもんね。

プレミアム 湯田ヨーグルト(加糖)

Photo by akiyon

670円(税込)
「加糖タイプ」は、水色のラベルが目印。プレーンタイプと同様、新鮮な生乳や生クリーム、乳酸菌を使用し、砂糖で甘みを加えてあります。

アルミパウチの容器に入っていて、内容量は800g。カロリーは100gあたり118kcalです。
Photos:12枚
湯田ヨーグルト2種のパッケージ
湯田ヨーグルト(プレーン)のパッケージ
パッケージを開けてさじですくったプレーンヨーグルト
カレーに添えたプレーンヨーグルト
湯田ヨーグルト(加糖)のパッケージ
パッケージを開けてさじですくった加糖ヨーグルト
プレートにのせた加糖ヨーグルト、バゲット、コーヒー
プレーンヨーグルトを茶こしで水切りしているところ
湯田ヨーグルトで作ったカプレーゼ
お皿に盛ったヨーグルトコールスローサラダ
お皿に盛った豚のヨーグルト生姜焼き
湯田ヨーグルト2種のパッケージ、カプレーゼ、さじですくったヨーグルト
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ