平たいだけじゃない!絹のようにしなやかな手打ちきしめん

ころきしめん(赤)

Photo by 角丸

680円(税抜) 通称:きしころ
祖父から父へ、父から日比野さんへと受け継がれた「角丸」の味。味噌煮込みうどんだけでなく、手打ちのきしめんも忘れてはならない看板メニューです。

膨大な手間暇をかけて打つきしめんは、つややかに輝き、絹のようにしなやかな食感を誇ります。日比野さんが旗振り役となって、毎年夏には「きしころスタンプラリー」を開催(名古屋周辺の地域では冷たい麺を「ころ」と呼ぶため、「きしころ」は冷たいきしめんの愛称です)。

一時は絶滅を危惧されたきしめんも、こうした取り組みが実を結び、再び脚光を浴びつつあります。夏場にはぜひ「角丸」の「きしころ」を楽しんでください!

変えることをおそれず守る「角丸」の味

Photo by つゆくぼみえ

「角丸」の味噌煮込みうどんを食べ続けたくて、お店を引き継いだ日比野さん。以来、より高いクオリティを求め、試行錯誤を繰り返しています。

「まわりがレベルアップするなか、立ち止まっていたら時代に取り残されるのは目に見えています。変えることをおそれず、バージョンアップを続けていきます」(日比野さん)

老舗「角丸」の味がどう変化していくのか、期待が高まるばかりです。
店舗情報
※ 記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ