ライター : きゃんた

フードライター/大阪グルメ

「食」の専門家&ライター。 スーパーマーケット、飲食店、食品メーカー...「食に関する企業」と数多くのやりとりを経験。味の分析方法、トレンド、食品マーケティングに詳しいです。 …もっとみる

大阪で注目のカフェ「FRUIT(フルーツ)」

Photo by きゃんた

「FRUIT(フルーツ)」は、高品質のフルーツをリーズナブルに楽しめる大阪のカフェです。「フルーツのフルコース」という新しいスタイルが、注目を集めています。

実は2019年4月に大阪・北浜でオープンしたのですが、瞬く間に人気となり、予約の取りにくい状況が続きました。そのため、店舗スペースを求めて本町に移転したという経緯があります。

Photo by きゃんた

「フルーツ」は、ギフトフルーツで有名な「hanafru(ハナフル)」が運営をしています。移転の際に「ハナフル」の旗艦店内に入る形となりました。

お店のコンセプトは、「フルーツの可能性を探し求める」。行くたびに新しい発見を与えてくれそうで、わくわくしますね。日本、世界から厳選したフルーツを扱う「ハナフル」のカフェだからこそ、説得力があります。

鮮度にこだわり、熟し具合をチェックしながら丁寧に加工した旬のフルーツを使ったメニューは、どれも魅力に溢れています。

Photo by きゃんた

カフェの横では「ハナフル」が扱うギフト用のフルーツや果実ケーキを販売しています。家族や友人へのプレゼントにぴったりですよ。カフェで食事を楽しむ前にショーケースをのぞいてみてくださいね。

「フルーツ」へのアクセス、店内の雰囲気

Photo by きゃんた

お店は御堂筋に沿った場所に立つ、南御堂ビルの1階にあります。

Photo by きゃんた

お店の入り口には運営元の「hanafru」と書いた看板が掲げられています。ここに「フルーツ」が入っています。ガラス張りのモダンな見た目をしているので、すぐに見つかりますよ。

Photo by きゃんた

店内には白基調の壁にアーティスティックなインテリアが並んでいます。窓側はガラスで覆われていて、モダンとアートを組みわせたような空間が広がります。高級感があり、明るい雰囲気。女子会やデートで利用できそうです。

席はカウンターとテーブルがそれぞれあります。

Photo by きゃんた

カウンターは10席ほど。1人利用も気軽にできますよ。カウンターでは、店員さんの調理シーンを間近で見ることができます。

テーブル席は32席。すぐ横にはガラス窓が一面に広がります。日差しが入り、明るくやさしい雰囲気ですよ。カウンター席とは違った雰囲気ですね。

旬のフルーツを惜しげもなく使ったランチコース

コースはランチコース「1,800円(税抜)」、フルコース「3,500円(税抜)」、アフタヌーンティーセット「3,000円(税抜)」の3つです。フルコースは完全予約制ですよ。
※フルコース価格は月によって変動あり

この記事では、2020年9月からスタートしたランチコースを紹介します。(日によって内容変更あり)

桃のタブレ

Photo by きゃんた

世界一小さなパスタ「クスクス」を使用した料理「タブレ」。そのタブレをキューブ状に仕上げたサラダ感覚で食べられるメニューです。インパクトのある見た目をしています。

ルッコラをふんだんに使用し、中には桃のコンフィが入っています。桃の風味が活かされつつ、甘さは控えめです。フルーツメニューですが、しっかりと「主食」の役目を果たしています。

クロワッサン

Photo by きゃんた

桃のタブレに続くのは「クロワッサン」。ふんわりとした食感に香ばしい風味、バターのまろやかな甘さが口の中で広がります。フルーツ以外のメニューのクオリティも素晴らしいですね。

フルーツサラダ

Photo by きゃんた

グラノーラとヨーグルトの入った彩り豊かなフルーツサラダです。フルーツはマンゴー、イチゴが入っています。

マンゴーとイチゴの甘さを活かすためにヨーグルトはプレーン味で、ほどよい食感があります。フルーツの良さが前面に引き立つ味わいですよ。コースにはコーヒーか紅茶も付きます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS