サーバーの種類で選ぶ

コーヒーメーカーについているサーバーには、ガラス製とステンレス製の2種類があります。ガラス製は洗えば匂いや汚れが残ることなく、中に入っている量も確認できますが、割れやすいのが難点。

一方のステンレス製はガラスのように割れることがなく、保温性があるのでヒーターを使わなくても冷めにくいのが利点です。

おすすめの全自動コーヒーメーカー5選

1. アイリスオーヤマ「IAC-A600」

ITEM

アイリスオーヤマ 全自動コーヒーメーカー ブラック

¥6,345〜

容量:600ml 材質:ポリプロピレン サイズ:幅 177×奥行 286×高さ 292mm 重量:2.5kg ミルの種類:プロペラ式 サーバーの種類:ガラス 消費電力:900W

※2020年11月19日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

全自動なのにこの価格!初心者向けモデル

全自動コーヒーメーカーをはじめて購入する人や、豆を挽いてコーヒーを飲んでみようと思っている初心者におすすめです。

とにかく安いことが一番の魅力ですが、何度でも使えるフィルターを採用しているので、さらに経済的でお得。給水タンクが取り外せるなど、必要最低限の機能がちゃんとついています。

2. レコルト「RGD-1」

ITEM

recolte(レコルト)グラインド & ドリップコーヒーメーカー フィーカ

¥13,200〜

容量:560ml 材質:ポリプロピレン・ステンレス サイズ:幅 175×奥行 280×高さ 295mm 重量:約2.5kg ミルの種類:臼式(フラットカッター) サーバーの種類:ガラス 消費電力:600W

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

雑貨のようなかわいいフォルムと3色カラー

レッドとブラック、ホワイトの3色から選べる製品で、雑貨のようなかわいいデザインは、キッチンのどこへ置いても違和感がありません。

コンパクトサイズながら、コーヒーの香りと味を引き立てる蒸らし機能がついていて、ミルは臼式という本格派。繰り返し使えるフィルター付きなので、ランニングコストが少ないです。

3. クイジナート「DGB-625J」

ITEM

Cuisinart(クイジナート)10カップ ミル付 全自動コーヒーメーカー

¥13,799〜

容量:1,500ml サイズ:約 幅 207×奥行 320×高さ 386mm 重量:約4.1kg ミルの種類:プロペラ式 サーバーの種類:ガラス 消費電力:1,000W

※2020年11月27日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS