ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

予約殺到!神楽坂の「パフェバー agari(アガリ)」【編集部員が気になる店 #8】

Photo by 桑原恵美子

「パフェバー agari(アガリ)」は2020年9月7日、神楽坂のフリースペース「u-ma kagurazaka(ウーマ カグラザカ)」を間借りする形でオープンしました。

間借り・不定期営業のため電話番号を持たず、予約受付は公式サイトからのみというスタイルにも関わらず、オープン直後からパフェマニアの注目を集め、予約が殺到しています。

Photo by 桑原恵美子

東京メトロ東西線「神楽坂」駅の矢来口を出てすぐのところにある「u-ma kagurazaka」。黒色の暖簾がかかっていれば、「アガリ」営業中です。

ヴィンテージ感漂う、居心地の良い店内。各所に飾られた個性的なアート作品は「u-ma kagurazaka」のオーナー夫妻が選びぬいたものだそう。

「昼パフェ」「夜パフェ」、一店でさまざまな楽しみ方を

「アガリ」がユニークなのは、11時から16時までは「昼パフェ」、17時から22時までは「夜パフェ」の店として営業していること。

Photo by TONY WU

(左)1,800円、(右)750円 (税込) ▲昼パフェ(左)、夜のミニパフェ(右)※King マロン パフェ(2020年11月11日で提供終了)
“スイーツセラピスト”のジョナサン(本人希望で敬称略)が作る季節のパフェを、昼は2種類提供。夜は、それをミニサイズにした3種の食べ比べセットや、おつまみパフェなどが楽しめます。

パフェを愛する、“スイーツセラピスト”のジョナサン

Photo by 桑原恵美子

ジョナサンはもともと、薬剤師のオーナーが熊本で運営するお菓子のアトリエでスイーツを作っていました。自称“スイーツヘンタイ”として、さまざまなお菓子を作り続けたそう。

Photo by 桑原恵美子

“スイーツセラピスト”を肩書にしているのは、がん患者へのカウンセリングもおこなっていたオーナーの影響もあり、「お菓子を通して人を癒したい」という気持ちが強かったため。

「パフェって罪悪感を伴いがちだけど、『体の栄養になった』『体にいいものを食べた』という思いで帰って欲しい。そうなるように考えて作っています」(ジョナサン)

14種類のパーツで構成されたパフェ

「アガリ」のパフェは常時2種類あり、それぞれ十数種類のパーツで構成されます。

2020年11月前半は、「Queen 洋なしと木いちごのパフェ」(11月末まで) と「King マロン パフェ」(11月11日で終了)。11月後半からは、マロンパフェに代わる新メニューが登場します。

Queen 洋なしと木いちごのパフェ

Photo by macaroni

1,800円(税込)

Photo by macaroni

▲メニューに描かれたパフェの設計図。驚くほどのパーツの多さ。しかもすべてが手作り
今回、特別に「洋なしと木いちごのパフェ」を作る様子を見せていただきました。

Photo by 桑原恵美子

まずはグラスの底に、手作りの木いちごジャムとバラのシロップをミックスした紅茶(アッサム)のゼリーを敷き、その上に無糖の生クリームをのせます。

「洋梨はバラ科なので、バラのシロップとの相性がいいんです。洋梨の香りに、バラの高貴な香りがふわっと加わるんですよ」(ジョナサン)

その上に手作りのアーモンドケーキ、バラのシロップと白ワインで煮込んだ洋梨コンポート。写真右・中央の白いものは、なんと生姜入り葛わらび餅です。

Photo by 桑原恵美子

ゆで小豆を散りばめ、その上に塩気のアクセントとしてクリームチーズがのります。

Photo by 桑原恵美子

続いて、牛乳・バター不使用のビーガンクランブル、白あんと木いちごピューレ入りの生クリーム。

いよいよ、主役の洋梨が登場です。築地の八百屋さんから、その時季に一番おいしい洋梨を仕入れているのだとか。

Photo by 桑原恵美子

そして、甘酒と木いちごのビーガンアイス・洋梨・白あんと木いちごピューレ入りの生クリームをのせ、ビーガンショコラクッキーのアイスサンド・タイム・木いちごジャムを飾ったら完成です!

Photo by macaroni

ひと口ごとに新しい驚きがあり、ボリュームがあるのに食べ疲れない。パフェなのに罪悪感がなく、むしろ食べるほどに癒される感覚

それは、ビーガンスイーツや和の素材が多いことと、シロップからアイスクリームまですべてがやさしい味わいで手作りされていることが理由なのでしょう。

夜は、おつまみパフェやノンアルカクテルも!

「甘いものの間に塩味のものがあると、よりおいしく感じられるから」と、夜のメニューには、塩気の強いおつまみパフェが加わります。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS