ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

至極のピスタチオプリンを発見!

Photo by muccinpurin

2020年11月10日(火)、全国のセブン‐イレブンにて「アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン」が発売されました。

空前のピスタチオブームを迎え、コンビニやスイーツメーカーからピスタチオアイテムが次々発売される2020年。ピスタチオ好きの筆者が食べてきたアイテムのなかで、暫定1位のナッツ感を誇るピスタチオプリンの魅力をお伝えします!

アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン

Photo by muccinpurin

「アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン」210円(税込)
とてもコンビニスイーツとは思えない、クレオパトラにも似たインパクト抜群の女性がほほ笑むパッケージ。セブン‐イレブンで発売中の「アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン」は、ひときわ目立つデザインでスイーツ売り場に鎮座していました。

セブン‐イレブンのオリジナルではなく、コンビニやスーパーのスイーツを手掛けるアンデイコの商品が作っています。オリジナル商品よりも取り扱いスペースが小さいので、スイーツ売り場をよく探してみてくださいね。

Photo by muccinpurin

材料をチェックしてみると、オーストラリア・国内製造の乳製品、加糖卵黄、ピスタチオペースト、ゼラチン……とあくまでシンプル。1個当たりのカロリーは177kcalでした。

香りから本格的…これはイケる!

Photo by muccinpurin

パッケージを開けると、ピスタチオ独特の上品な香りが……食べる前からおいしさを確信する、本格的なピスタチオの香りです。

ケーキのトッピングに使われるピスタチオは鮮やかなエメラルドグリーンが印象的ですが、本来の色は茶色が少し混じったようなくすみ系のグリーンなんですよね。

アンデイコのピスタチオプリンも飾らないくすみ系グリーンなので、ピスタチオ本来の色を活かしているとわかり、安心しました。(ごくわずかにクチナシ由来の着色料も使用しているようです)

ふるっふるとろとろの虜

Photo by muccinpurin

スプーンすくってみるとごらんのとおり、ふるっふるのとろっとろ。

しっかり固めの喫茶店系プリン全盛のいま、ひさびさにとろけるなめらか系プリンを食べましたが、口に入れた次の瞬間には溶けてなくなるレベルのクリーミーさに感激。これはプリンではなくほぼクリームです!

Photo by muccinpurin

なめらかな口どけとナッティなピスタチオの風味に驚きつつ、もうひと口。はぁ……やっぱりおいしい。蓋に描かれた女性の「ほらね、おいしいでしょう?」という自信にあふれた言葉が聞こえてきそうです。

形を保てないほどなめらかなプリンは、香り、風味、味のどれをとってもパーフェクト。ピスタチオブームで数々のピスタチオスイーツを試食してきましたが、ひと口食べた瞬間リピートを確信したアイテムはこれが初めてです。

ピスタチオの香りや風味が作られたものではなく、ここまで本物のように香ばしく上品なスイーツがコンビニで食べられるとは、感激のひとことしかありません。

買って後悔させません!

Photo by muccinpurin

空前のブームによって、ピスタチオスイーツには困らないナッツ好きにとっては幸せな2020年。「アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン」は、数々のピスタチオアイテムのなかでも群を抜いてナッツ感が強く、バランス感覚抜群でした。

“小洒落た感じ” がどんな感じかは最後までわかりませんでしたが、そんなことを忘れさせるおいしさをぜひ味わってみてくださいね。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリン
■内容量:80g
■価格:210円(税込)
■カロリー:1個当たり177kcal
■販売日:2020年11月10日(火)
■販売場所:全国のセブン‐イレブン各店
※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
Photos:7枚
小洒落た感じのピスタチオプリンをすくう様子
アンデイコ 小洒落た感じのピスタチオプリンのパッケージ
小洒落た感じのピスタチオプリンの原材料表示
小洒落た感じのピスタチオプリンのふたを開けた様子
スプーンですくったピスタチオプリン
スプーンですくったピスタチオプリン
スプーンですくったピスタチオプリン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS