ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

都電がすぐ側を走る「ジョイフル三の輪商店街」

Photo by macaroni

都電荒川線沿いの三ノ輪橋駅からすぐ、「ジョイフル三の輪商店街」に訪れました。都内で唯一残る都電の路面電車がアーケードの側を走り、まるでタイムスリップしたかのような、懐かしい空気を感じることができます。

いざ、今晩のおかず調達へ

Photo by macaroni

アーケードのなかに入ると、日差しが心地よく差し込み、お買い物をする人が行き交います。さっそく、ぶらり散歩しながら今晩のおかず探しです。安い、うまい、だけじゃない。わざわざ訪れたくなる“ワケ”を見つけました。

まずは「肉の冨士屋」さんへ

Photo by macaroni

大きな看板に黄金の文字が目を引く、肉の冨士屋さん。ズラリと肉が並ぶショーケースの前で悩んでいると、「何作るの?」とお店の方が話しかけてくれました。「まだ決まってないんです、夕飯のおかず」と伝えると、すすめてくれたのが……。

Photo by macaroni

豚もも肉のベーコン巻き(1本160円)その名の通り、豚のもも肉をベーコンで巻いたもの。塩こしょうを振って焼くだけで、簡単におかずがひと品できあがるとのことです。肉を肉で巻くという斬新さに惹かれ、2本購入しました。

衝撃の「280円弁当」を発見

Photo by maacroni

冨士屋さんをあとにして、商店街をさらに西へ進むと、ピンクの看板が目印のとくとく弁当ニハマルさんを発見。“ニハマル”とはなんだろうと気になり、入店すると何やら人だかりが。

Photo by macaroni

そこには、ボリューム満点の弁当がずらり!そして、全品 280円という衝撃的なロープライスです。生姜焼きからチキン南蛮まで、豊富なラインアップでおかずもご飯もたっぷり入っています。お昼どきということもあって、飛ぶように売れていました。

Photo by macaroni

そして、お惣菜の種類も豊富です。少量ずつ販売されており、あとひと品おかずが欲しいときにも重宝しそう。今日は彩りの良いニンニクの芽と玉子の炒めを副菜とすることに。

Photo by macaroni

さらに陳列を眺めていると、背骨煮(216円)と書かれた見慣れないものが。眺めていると「豚の背骨のとこだよ。甘辛く煮付けていておいしいよ」とお店の方が教えてくれました。普段ならきっと手を出さないようなビジュアルですが、店員さんのあと押しもあり興味本位でこちらも購入しました。

商店街を中程まで歩くと、なんともレトロなパン屋さんが

Photo by macaroni

お惣菜をゲットしさらに商店街を進むと、どこからか甘く香ばしい揚げ物のような香りが。たどり着いたのはオオムラパンさん。まさに「THE 下町のパン屋さん」といった感じです。

Photo by macaroni

ショーケースには、コロッケパン、ハムカツパン、ウインナーパンなど、夕飯前の育ち盛りが大喜びしそうなお惣菜パンがずらりと並びます。なかでもコロッケパン(140円)は、潔いほどのシンプルなビジュアルで、とってもおいしそう。

Photo by macaroni

お隣のショーケースには、クリームパンやあんパン、ドーナツなどが並んでいます。甘い香りの正体はこれですね。「懐かしいパンばっかりでしょう。今どきみないよね」と、気さくに話しかけてくれたお店の方に、おすすめを聞いてみました。

Photo by macaroni

クリームドーナツは意外にもお年寄りに人気。昔ながらで懐かしいと好評ですよ」とのことで、おやつにいただきました。ひと口食べると、想像よりもはるかに軽い口当たり。甘さ控えめのカスタードがよく合い、あっさりと食べられます。お年を召した方にも愛される理由がわかりました。

小腹をみたし、次に向かったのは魚屋さん

Photo by macaroni

オオムラパンさんのすぐ近く、漁船を彷彿させる煌々としたライトが目を引く魚屋さんを発見。素敵なマスクを召した店主が、「いらっしゃい!」と笑顔で迎えてくれました。

Photo by macaroni

こちらの鮮魚小川屋さん、創業70年で3代目だそう。昔から地元の方々に愛される老舗です。

Photo by macaroni

店頭には、きれいに焼き上げられた魚がずらりと並んでいます。持ち帰って温めるだけで、おいしい焼き魚が手軽に食べられるのは嬉しいですね。でき合いのものが安く手に入るのも商店街の魅力のひとつです。

Photo by macaroni

ショーケースには少量ずつ刺身も販売されています。一番人気は盛り合わせ(480円)とのこと。5種の刺身に加え、玉子や帆立煮がちょこっと添えられているのも嬉しいですね。今晩は刺身をアテに日本酒を飲もうと心に決め、こちら購入しました。

帰り際、「おやつにどうぞ!」と、小さなカップケーキをいただきました。子供の頃、近所のおじさんにおやつをもらったときのような、ほっこり懐かしい気持ちに。人との温かい繋がりを感じることができるのも、商店街に訪れたくなる理由のひとつですね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS