ライター : カメイアコ

グルメライター

好きなものを食べで好きなことを書いていたら、いつのまにかグルメ専門のライターになっていました。年間100軒近くの飲食店を取材。仕事が終われば、ただの酒好きの一児ママです。

カルディで買える「海外激辛インスタント麺」がクセに!

画像はイメージです
世界各国の輸入食品を扱う「KALDI COFFEE FARM(カルディコーヒーファーム)」。主力のコーヒーを始め、ご当地調味料やオリジナル商品がなにかと話題になりますが、実はアジア圏のインスタント麺も充実しているのです。しかも、そろいもそろって、辛い!

とりわけ激辛の表記がなかったとしても、原材料に唐辛子の記載を見つけたら、日本人の感覚でいう“ピリ辛”以上の辛さであると思っていただくと良いでしょう。

激辛好き筆者が、6品を食べ比べ!

Photo by カメイアコ

辛いものが大好きな筆者が用意したインスタント麺は、全6品。「辛ラーメン」や「タイヌードル」などの有名どころはあえて外してみました。辛さ・痛み・やみつき度・完成度を独断と偏見の星5段階で評価します。

1. 世界的大ヒット!「ペナンホワイトカレー」

192円(税込)
辛さ    ★★★★
痛み    ★
やみつき度 ★★★★★
完成度   ★★★★★


まずは、マレーシア・ペナンにある食品会社「スカイ・トーマスフードインダストリーズ」が作る、世界的にヒットしたインスタントヌードル「ペナンホワイトカレー」から味わいます。

Photo by カメイアコ

蒸し鶏とパクチーとともに盛り付けました。
ご紹介する商品のなかで、一番完成度が高いと自信を持っておすすめしたいひと品です。

パッケージには、特段辛さに関する触れ書きは見当たりませんが、実はめちゃくちゃ辛いのです。スパイスの複雑な香りと旨味が調和し合い、まるで現地の専門店で食べているかのようなクオリティー。

麺は、海外のインスタント麺にありがちなパサつきがなく、もっちりしていて喉越しも最高です。こいつはすごい……。下手にアレンジせずとも、このままで十分なおいしさ。

よりボリュームアップするなら、エビや蒸し鶏、ゆでもやしなどのシンプルなトッピングがおすすめです。

2. 辛さと痛さが襲う!「スパイシーノグボナーラ」

Photo by カメイアコ

192円(税込)
辛さ    ★★★★★
痛み    ★★★★★
やみつき度 ★★★
完成度   ★★★


アカデミー賞の受賞作品として大きな話題を集めた韓国映画「パラサイト」。その劇中に登場した麺料理「チャパグリ」によって一躍知名度を上げたのが、「農心」の「ノグリラーメン」です。

ご紹介するのは、その姉妹商品である「ノクマボナーラ」。ノグリラーメンとは違って汁なし麺で、かなりクセのある辛さが特徴です。

Photo by カメイアコ

目玉焼きをトッピングしました。
貝の出汁がしっかり効いたソースにチーズのまろやかな旨味をまとってはいますが、すするときに危うくむせそうになるほど。匂いからすでに辛さがあふれています。

大人気「ブルダック炒め麺」のような殺人級の辛さではないにしても、麺が触れただけでも口のまわりがピリピリと痛みました。

ひと口すすれば、一気に汗が吹き出し、思わずふーっと大きくため息。辛いものに耐性のある韓国人を納得させるには、デフォルトでもこれくらいの辛さが必要なのでしょう。

Photo by カメイアコ

しかしながら、韓国インスタント麺特有の、ツルツル・モチモチの太麺食感は唯一無二。アレンジするなら、貝類やシーフードミックスなどを一緒に入れて、より魚介の旨味を効かせた濃い味に仕上げてみるのがおすすめです。

3. トマトの風味がやみつき!「シンガポール風焼きそば」

Photo by カメイアコ

105円(税込)
辛さ    ★★★
痛み    ★★★
やみつき度 ★★★★
完成度   ★★★★


こちらは、「KOKA(コカ)」の「スパイシーシンガポールスパイスヌードル」。シンガポールは、スパイスをたっぷり使った料理が多いのが特徴です。

甘辛い味わいのソースに乾燥トマトやニンニクなどが入っていて、日本人にも口馴染みの良い味を楽しめます。

Photo by カメイアコ

たまねぎをトッピングしました。
口に入れるとソースの甘さが広がり、「あれ、まったく辛くないじゃないか」と油断させるのが上手なタイプ。あとからドドドっと辛さの波が押し寄せてきました。

甘口ソースとあと引くスパイシーさのギャップがやみつきに。生野菜と合わせてサラダ仕立てにしたり、海老やチキン、ゆで卵を合わせたり、自分好みにアレンジしやすいのも魅力です。マヨネーズやチーズとも相性バツグンなので、手軽な味変にもおすすめですよ。

4. 青唐辛子が刺激的な「パッキーマオヌードル」

Photo by カメイアコ

58円(税込)
辛さ    ★★
痛み    ★
やみつき度 ★★★
完成度   ★★★


ご紹介するなかでは、一番辛さ控えめ。タイ風塩焼きそばといった味わいで、最初はバジルの爽やかな香りに癒されましたが、あとからジリジリと青唐辛子の刺激が口中に広がっていきます。

Photo by カメイアコ

パクチーをトッピングしました。
油っぽさを感じないさっぱりとしたテイストで、エスニック初心者でも食べやすいのではないでしょうか。しかしながら、辛いものが苦手な人が手を出すと痛い目に合うレベル。ある程度覚悟したうえで挑戦しましょう。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS