ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

台湾定番の味が鍋の素になって登場!

Photo by muccinpurin

冬はやっぱり鍋ですよね~。寒い日はからだもこころもポカポカに温めてくれるし、何より野菜、肉、魚をバランスよく摂れる。さらに作る側の手間も少ない、冬の食卓になくてはならない存在です。

とはいえ、鍋のレパートリーが少ないとつい似た味ばかりでマンネリしがち。そんなときはカルディの「豆漿鍋(トウジャン鍋)」がおすすめです。

豆漿(トウジャン)とは……

台湾の人々は家で朝食を食べる習慣がほとんどなく、仕事や外出の前に外で食べることがほとんど。なかでも有名なのが豆漿(トウジャン)です。絞りたてでほんのりと甘い台湾の豆乳は日本人にも人気で、有名店には朝5時頃から行列ができるほど。

ちなみに甘い豆漿を甜豆漿(ティエントウジャン)、桜海老や黒酢、ラー油が入った塩気がある豆漿を鹹豆漿(シェントウジャン)と呼びます。

カルディ「豆漿鍋」

Photo by muccinpurin

「豆漿鍋」172円(税込)
ヘルシー志向で牛乳の代わりに豆乳を飲んだり、スープや鍋などの料理に取り入れたり、豆乳を常備しているご家庭も多いはず。

台湾の豆漿を鍋のスープにしてしまおうというアイデアは、いかにもカルディらしいですよね。豆乳鍋があるくらいですから、おいしくないわけがありません。

小鍋に対応!1人前が2食

Photo by muccinpurin

カルディの豆漿鍋には1食分の小分けが2袋入っています。

鍋の素と聞くともっと量が多いイメージでしたが、豆漿鍋は比較的軽めの1人前のようなので、夕食のメインとして考えている場合にはおかずの量や数を増やすなど工夫が必要かもしれません。

作り方は簡単2ステップ!

Photo by muccinpurin

豆漿鍋の作り方は簡単。無調整豆乳200ccを温め、豆漿鍋の素をひと袋入れます。

豆乳を温める際は膜が張るのを防ぐため、かき混ぜながら温めてください。

Photo by muccinpurin

温まった鍋に好みの野菜や肉を入れ、具材がやわらかくなるまで火にかけます。

今回はしめじ、長ねぎ、にんじん(下ゆで済)、白菜、にらを入れました。パッケージのおすすめ具材には豆腐、油揚げ、セロリ、きくらげなどがあげられていたので、参考にしてみてくださいね。

鶏清湯ベースのやさしい味わい

Photo by muccinpurin

白菜やにらなど、火の通りやすい野菜を使ったので、3分もかからず完成しました。豆漿らしく桜海老をトッピングして、いざ試食です!
Photos:9枚
テーブルの上の豆漿鍋
豆漿鍋のパッケージ
豆漿鍋のパッケージと豆漿鍋の素2袋
鍋に入った豆乳に豆漿鍋の素を入れる様子
野菜が入った土鍋
できあがった豆漿鍋
スープをレンゲですくう様子
レンゲでスープをすくう様子
豆漿鍋と豆漿鍋のパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS