<材料>

・ゆでたイカ
・葡萄
・オリーブオイル
・レモン汁
・砂糖
・塩
・胡椒
・バジル(お好みで)
オリーブオイル、レモン汁、砂糖を1:3:1.5の割合で混ぜ、塩と胡椒は味を見ながら足していきます。そこに、食べやすい大きさに切ったイカと葡萄をあえるだけ。魚介類の旨味とシャインマスカットの甘みはこれまた相性がバッチリ。今回はアクセントで細かく切ったバジルを入れましたが、そのほかのハーブでも合うはず。レモン汁でさっぱり仕上げたので、いくらでも食べられます。

3. 冷凍葡萄

Photo by 丸山夏名美

もはや料理ではありませんが、食べきれなかったシャインマスカットとサニードルチェはバラして洗い、食糧保存袋に入れて冷凍室へ。そのまま食べても良し。ミキサーにかけてシャーベットにしても良し。そこに豆乳を混ぜてスムージーにしても良し。まだ冷凍室にあるので、アレンジしながらしばらく楽しみます♪

実りの秋を楽しもう!

どうしても行きたかったシャインマスカットの本場、勝沼は遠かったですが、本当に行く価値アリでした。なんでシャインマスカットがここまでブームなのか考えるきっかけになりましたし、育てている人や土地を見たことで、より丁寧に味わうことができたと思います。

葡萄はもちろんのこと、ほかの果物や野菜もその土地に行って、直接触れて、料理をすればやっぱりおいしい!皆さんも実りの秋を楽しんでください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS