ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

ミスドに秋がきた!「さつまいもド」の発売スタート

Photo by muccinpurin

2020年9月4日(金)、さつまいもドの発売とともにミスドに秋がやってきました。安納芋や紫いもなど数種のさつまいもを使い、いもけんぴやスイートポテトクリームにするなど、ドーナツの域を越えたアレンジで発売前から注目度の高かった同シリーズ。

毎年発売されているさつまいもドシリーズですが、今年は “追いいも” がキーワードだそう。全5種を食べ比べ、芋の品種や加工による味の違いをレポートします!

商品ラインアップ

・「さつまいもド プレーン」120円/278キロカロリー
・「さつまいもド 紫いも」130円/304キロカロリー
・「さつまいもド 大学いも」130円/296キロカロリー
・「さつまいもド スイートポテト」140円/311キロカロリー
・「さつまいもド いもけんぴ」140円/331キロカロリー
※すべて税抜き価格です。

1. さつまいもド プレーン

Photo by muccinpurin

「さつまいもド プレーン」120円(税抜)
安納芋パウダーと紅はるかパウダーを練り込んだ生地を揚げたシンプルな「さつまいもド プレーン」。

プレーンとは言いつつも、生地に2種類のさつまいもパウダーを練り込むあたり “追いいも” 感がありますよね。見た目もいわゆるオールドファッションのような美しいきつね色で食欲をそそります。

しっとりほっくり。噛むほどに芋の香り

Photo by muccinpurin

こうばしそうな揚げ色とは裏腹に、食べてみると想像以上にしっとり。パサつくことなく全体的にしっとりホクホクとしていて、芋の香りが存分に感じられますよ。

噛むほどにさつまいもの甘みが感じられ、どこか懐かしい味わい。個人的には牛乳と合わせたくなりました。

「あったかさつまいもド」も楽しめる!

Photo by muccinpurin

じつはさつまいもド プレーンはそのまま食べるだけでなく、温めても楽しめるんですよ。耐熱皿にドーナツをのせ、電子レンジ500wなら16秒間、600wなら12秒間温めるだけで、まるで焼き芋のようなホクホク食感が味わえます。筆者も試してみましたが、温めることで揚げたてがよみがえり、芋の香りも際立って、温めたほうが断然おいしく感じられました。

あったかアレンジができるのはプレーンのみなので、ぜひ味の変化を楽しんでみてくださいね。

2. さつまいもド 紫いも

Photo by muccinpurin

「さつまいもド 紫いも」130円(税抜)
鮮やかな紫色のグレーズでコーティングされた「さつまいもド 紫いも」は、プレーンの生地に紫いもグレーズと黒ゴマをトッピングしたドーナツ。

5種類の中でもっとも派手なビジュアルで、店頭でもかなり目立っていましたよ。
Photos:13枚
さつまいもド5種類が並んだトレー
さつまいもド プレーン
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド プレーン
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド プレーン
さつまいもド 紫いも
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド 紫いも
さつまいもド 大学いも
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド 大学いも
さつまいもド スイートポテト
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド スイートポテト
半分にカットして皿にのせたさつまいもド いもけんぴ
半分にカットして皿に盛られたさつまいもド いもけんぴ
さつまいもド5種類が並んだトレー
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS