ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

元町ってどんなエリア?

Photo by ササキマイコ

元町は横浜市中区の地名ですが、その町内のほとんどを「元町ショッピングストリート」が占めています。現在は元町ショッピングストリートという名称ですが、前身の元町商店街の歴史は大変古く、横浜開港にまで遡ります。

外国人居留地の山手と、中心街の関内の間に位置していた元町の商店たちが、外国人向け商品の取り扱いを始めたことがきっかけで、日本でも珍しい西洋風の異国情緒溢れる商店街が形成されていきました。

異文化を独自に吸収し発展させてきた精神はそのままに、魅力的な街として進化し続けた結果、全国から年間500万人が訪れるように。現在では、日本屈指の商店街として多くの人に愛されています。

1. 本格フランスケーキ「パティスリー・レ・ビアン・エメ」

Photo by ササキマイコ

JR石川町駅元町口を出て、徒歩2分。石川町駅前郵便局の角を曲がり、大丸谷坂を登った途中にある「パティスリー・レ・ビアン・エメ」。2016年のオープン以来、地元民に支持される本格フランス菓子専門店です。

店内には3席のイートインスペースがあるので、ていねいに手作りされたケーキとお茶をその場で楽しむことができますよ。

シャルロット

Photo by ササキマイコ

580円(税込) ※500円以上のケーキとセットで注文の場合、ドリンク50円引き。 土・日・祝日のイートインは、ケーキとドリンクセットの注文必須。
お店のロゴマークに描かれている看板メニュー「シャルロット」は、女性の帽子に見立てた伝統的なケーキ。フルーツの酸味がおいしい“クレムー”(ムースとババロアの中間)と、爽やかなジュレの2種類の層を、香り豊かなバニラのババロアで包み込んでいます。甘みと酸味が見事に調和したひと品。

クレムーに使用するフルーツとババロアのフレーバーは季節によって変わるので、行くたびに違う味わいのシャルロットが楽しめますよ!
店舗情報

2. まるでパリのカフェ!「パブロフ元町本店」

Photo by ササキマイコ

「Pavlov(パブロフ)」は、みなとみらい線元町・中華街駅3番出口から徒歩2分、結婚式場のザクラブオブエクセレントコーストの1階に併設されている焼き菓子専門店です。結婚式の引き菓子のノウハウを生かした、華やかなパウンドケーキが味わえますよ!

まるでパリにいるかのような気分を味わえる素敵な店内で、至福のティータイムを過ごせます。

パブロフセット

Photo by ササキマイコ

1,324円(税込)
一番人気は、甘いパウンドケーキ3種・お食事代わりに食べられるケークサレ2種・プチサラダ・飲み物が一度に楽しめる「パブロフセット」です。パウンドケーキは色とりどりでかわいらしい8種から、好きなものを3つ選べるので、どれにしようか悩むのも楽しいですよ。

焼き菓子とは思えない、ふわふわの食感に夢中になること間違いなしです。
店舗情報

3. 山手散策におすすめ「ブラフベーカリー」

Photo by ササキマイコ

元町から山手の丘に続く、代官坂の途中にある「BLUFF BAKERY(ブラフベーカリー)」は、素材にこだわった本格的なニューヨークスタイルのベーカリーショップです。

急坂の上にもかかわらず、いつもたくさんのお客で賑わう、横浜でも屈指の人気店です。山手散策の際には、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS