ライター : ササキマイコ

横浜市中区で150種類の植物を栽培しながら男子2人を育児中。明日の活力になる笑顔溢れる食卓作りに日々全力投球。

ハマっ子が愛する名物を、横浜のお土産に

Photo by ササキマイコ

横浜には魅力的なおでかけスポットがたくさんありますが、その分お土産選びに悩みますよね。港町ならではのグルメや中華街の逸品、おしゃれな元町のかわいらしいスイーツなど、素敵なお土産が充実。

なかなか選べない!という方のために、地元民が普段から手土産に愛用している名品たちを厳選しました。ぜひお気に入りのひと品を見つけてくださいね。

1. ハマっ子のソウルフード!「崎陽軒 昔ながらのシウマイ」

Photo by ササキマイコ

15個入り620円、30個入り1,230円(税込)
赤いパッケージでおなじみの「昔ながらのシウマイ」や「シウマイ弁当」で有名な「崎陽軒」は、1908年創業の横浜を代表する老舗企業。

昭和初期“横浜に名物を”と中華街で販売されていたシュウマイに着目し、「冷めてもおいしいシウマイ」を開発しました。そう、元祖横浜名物はシウマイなのです!ちなみに表記はシュウマイではなくシウマイですよ♪

Photo by ササキマイコ

国産の豚肉とオホーツク産ホタテ貝柱の風味が豊かな「昔ながらのシウマイ」は、冷めた状態でもおいしく食べられるのが特長です。

陶器製の醤油入れに描かれた、瓢箪のキャラクター“ひょうちゃん”の顔はなんと48種類!期間限定で特別絵柄も用意されるため、どんな顔のひょうちゃんに会えるか、食べるたびに楽しみになりますね。

賞味期限

製造から17時間。ただし、製造から12時間以内に冷蔵保存した場合には40時間後まで消費期限が延びます。

パッケージ左側面に製造時間、常温での消費期限、冷蔵した場合の消費期限の3つの時間が記載されていますので、よくご確認の上お召し上がりくださいね。

購入できる場所

崎陽軒本店ショップ、横浜駅(中央通路店、JR南口店、京浜東北線・根岸線ホーム店、東海道線下りホーム店、相鉄線1F改札外、みなとみらい線南改札内、京急線上りホーム店、京急線中央改札内、市営地下鉄B1F改札口外)、そごう横浜店、高島屋横浜店、ジョイナス店、ランドマーク店、桜木町駅店、関内駅店、中華街店、などの市内各所の直営店で購入できます。

2. 宝石箱のように華やか♪「パブロフ オリジナルアソート」

Photo by ササキマイコ

7個入り1,600円、14個入り3,200円、21個入り4,800円(税込)
元町に本店を構えるパウンドケーキ専門店「Pavlov(パブロフ)」。生ケーキのようなしっとりとした味わいと華やかな見た目が魅力の品々で、その概念を覆すパティスリーです。

カフェが併設されているため、持ち帰りのほか店内でケーキを楽しむこともできますよ。「クグロフ」や、食事代わりにできる「ケークサレ」も人気です。

Photo by ササキマイコ

まるで宝石箱のような美しさの「パブロフ オリジナルアソート」。ナッツやフルーツのおいしさを存分に味わえる、ひと口サイズのパウンドケーキの詰め合わせです。

マロン・チョコレート・オレンジ・バニラフレーズ・ピスタチオショコラ・キャラメルフィグ・抹茶の7種類が入っています・まるで生ケーキのようなしっとり&滑らかな食感で、パウンドケーキであることを忘れてしまいそうです。

賞味期限

高温多湿を避け14日
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS