購入できる場所

ありあけ本館、横濱ありあけ本館ハーバーズムーン高島屋横浜店、ありあけそごう横浜店、横濱ありあけ京急百貨店上大岡店、Y’sハーバー高島屋フードメゾン新横浜店、など市内各所のありあけ直営店で購入できます。

5. ラムが香る大人のお菓子「喜久家 ラムボール」

Photo by ササキマイコ

2個入り572円、4個入り1,144円、6個入り1,717円(税込)
「喜久家」は、居留地の名残りがあった1924年に元町で創業した老舗洋菓子店です。

ケーキ職人だった先代に、西洋婦人がケーキのレシピを持ち込み製作を依頼したところ、でき上がったケーキが山手の居留地で評判に。その結果、続々と各国のレシピが集まり、いち早く本格的な洋菓子を作ることができたという歴史があります。

Photo by ササキマイコ

「ラムボール」は長年横浜市民に愛されている「喜久家」の看板メニューです。ヨーロピアンな花柄のパッケージを開けると、まん丸大きなチョコレートが。中からは、ラム酒の効いたレーズンやナッツの食感が楽しいスポンジが出てきます。

チョコレートの中でスポンジを発酵させているので、しっとりやわらかな食感に。芳醇な香りが口いっぱいに広がりますよ。

賞味期限

製造日から8日(夏は冷蔵保存してください)

購入できる場所

喜久家本店、喜久家JOINUS店で購入できます。

6. 和と洋の融合!「美濃屋あられ製造本舗 横浜ナポリタン」

Photo by ササキマイコ

小パック216円、大パック648円(税込)
「美濃屋あられ製造本舗」は1929年の創業以来、伝統の技を用いながら、品質にこだわり、あられやおかきを製造しています。かなり古い時代から、塩・醤油・ざらめ・海苔といった、今では定番であるものの当時は「変わり種」だった味を積極的に開発。

“食べて会話が弾む商品作り”をテーマに、今でもさまざまなあられを世に送り出しています。

Photo by ササキマイコ

革新的な「美濃屋あられ本舗」が、“横浜の街をもっと知ってもらいたい!”という想いのもと開発したのが「横浜ナポリタン」です。

横浜はナポリタン発祥の地。同じく横浜発祥の「清水屋ケチャップ」を使って味作りしたおかきは、玉ねぎとケチャップの風味が、まるでナポリタンそのもの!お茶請けにもおつまみにも、話のタネにもぴったりですね。

賞味期限

製造日から150日
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ