ライター : 青木貴子

管理栄養士

フードスペシャリスト・全米YOGAアライアンスRYT200時間修了。短期大学にて栄養士の資格を取得。卒業後、4年制大学に編入し、食に関する知識を深めました。その後、保育園の栄養士とし…もっとみる

きな粉の栄養や効果効能

食物繊維

きな粉に含まれる食物繊維は、100gあたり5.1gです。

食物繊維は、ほとんどの日本人に不足しており、積極的な摂取がすすめられています。食物繊維には水溶性と不溶性があり、きな粉に含まれる食物繊維の多くは不溶性です。不溶性の食物繊維は、胃や腸のなかで水分を吸収してふくらみ、腸を刺激することで蠕動運動を促します。そのため便通を整えるはたらきが期待できますよ。(※1,2,3)

たんぱく質

きな粉100gあたりにはたんぱく質が36.7g含まれています。

たんぱく質は細胞を構成する主な成分で、生命を維持するために必要な成分です。たんぱく質が不足すると、成長障害や体力、免疫力の低下が起こります。豆類はたんぱく質の含有量が多く、肉や卵と並んで良質なたんぱく質食品とされています。(※1,4)

きな粉に含まれている鉄は、100gあたり8.0mgです。

鉄にはヘム鉄と非ヘム鉄があり、きな粉には非ヘム鉄が多く含まれています。鉄は日本人が不足しやすい栄養成分のひとつです。不足すると貧血になり、体が重い、息切れ、顔色が悪い、疲れやすいといった症状があらわれます。意識して摂りたいときに、きな粉で簡単に摂取できるといいですね。(※1,5)

カルシウム

きな粉100gには190mgのカルシウムが含まれています。

カルシウムは骨格を構成する重要な栄養成分で、体の中では主に骨や歯に含まれています。不足すると骨が十分に成長しなくなってしまいますよ。ビタミンDが不足したり、運動不足で骨への負荷が少なくなったりすると、カルシウムを摂取してもがうまく吸収されないことがあるので注意しましょう。(※1,6)

イソフラボン

きな粉にはイソフラボンが含まれています。イソフラボンはフラボノイドという成分の一種で、抗酸化作用が期待できますよ。シミ、しわなどの原因になる活性酸素を除去するはたらきがあるとされており、お肌の健康を守るために摂り入れたい成分です。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS