ライター : macaroni 編集部

個性派揃いの高円寺カレー!

日本人のソウルフードと言っても過言ではない「カレー」。実に多くの種類がありますよね。近年は、個性的なスパイスカレーや南インド・スリランカのミールスも、その深い魅力にどっぷりハマる人が続出しています。

さて、“日本のインド”とも言われる東京「高円寺」。ご想像通り、多種多様で唯一無二なカレー屋が、メキメキ知名度を上げています

この記事では、グルメ好き編集部員が悩みに悩んで12店、実際に足を運んで魅力をお伝えします!新たなカレーの扉、開きましょう。

紹介するのはこの人

Photo by macaroni

macaroni編集部 ディレクター/みっちー
カレーマニアによる連載を絶賛担当中。その影響でカレーにどハマり。好きなカレーは、スリランカカレーとスパイスの効いたラムキーマ。Instagramでグルメ情報を地道に発信中。

1. 香りを食べるスパイスカレー「青藍(せいらん)」

Photo by macaroni

高円寺スパイスカレーの筆頭として名が挙がることの多い「スパイスカレー青藍(せいらん)」。名前を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。

“香りを食べるカレー”として、巧みなスパイス使いと素材を活かした丁寧なひと皿が、多くのファンに支持されています。高円寺でカレーを食べるなら絶対外せない孤高の名店。土日は整理券制になることも多いですが、一食の価値ありですよ。

Photo by macaroni

1,200円、250円(税込) ※カレー定食2種盛り、季節のポテトサラダの順
店舗情報
ホールスパイスカレー青藍
住所
〒166-0002
東京都杉並区高円寺北2丁目41−15
営業時間
日曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
月曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
火曜日
定休日
水曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
木曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
金曜日
定休日
土曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
日曜日
11:30〜14:00
17:30〜19:30
開閉
電話番号
03-5327-8342
メニュー
メニュー:tabelog.com
最寄駅
JR高円寺駅 徒歩5分
ランチ提供
ランチ
ディナー提供
ディナー

2. 飛ぶ鳥を落とす勢い「ネゴンボ33」

Photo by macaroni

埼玉・西所沢で大人気を博す「negombo(ネゴンボ)33」が、2018年11月高円寺店をオープン。ラムキーマをはじめとした個性的なカレーが、広くファンを増やしています。さらに2020年6月には、新宿ゴールデン街にも姉妹店を誕生させ、カレー界を賑わせていますよ。

あいがけ(2種盛)カレー

Photo by macaroni

1,500円(税込)
人気のラムキーマとポークビンダルーを楽しめる「あいがけ(2種盛)カレー」がおすすめ。濃い旨味を蓄えたラムキーマは、キレのあるスパイスの風味がクセになります。筆者自身、この味わいに一瞬でトリコになりました!

酸味と辛味がバランス良いポークビンダルーは、絶妙な旨辛加減。食べ終えてもまた食べたくなる、極上のひと品ですよ。オンラインや一部スーパーにて、レトルト販売もおこなっているので、気になった方はチェックしてみてください。
negombo33 高円寺
住所
〒166-0003
東京都杉並区高円寺南4丁目44−3 マーキュリービル1F
営業時間
日曜日
11:00〜20:30
月曜日
11:00〜16:00
17:00〜20:30
火曜日
11:00〜16:00
17:00〜20:30
水曜日
11:00〜16:00
17:00〜20:30
木曜日
11:00〜16:00
17:00〜20:30
金曜日
11:00〜16:00
17:00〜20:30
土曜日
11:00〜20:30
日曜日
11:00〜20:30
開閉
電話番号
03-5913-7650
メニュー
メニュー:tabelog.com
最寄駅
JR高円寺駅 徒歩2分
ランチ提供
ランチ
ディナー提供
ディナー

3. インパクトある味わい「マルスケ」

Photo by macaroni

※この店舗は閉店しています

大人気を博した「CURRY SHOP 豆くじら」から、屋号を変えて再スタートを切った「カレーと酒。marusuke(マルスケ)」。早稲田通り沿いの、「豆くじら」と書かれた赤いファサードが目印です。

店内は壁沿いにカウンターがずらりと並び、テーブル席も豊富なので、ひとりでも複数人とでも楽しむことができます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ