ライター : motomoto

家で料理をつくったり、ふらふらと車でお出かけしたり、カルディでいいものをみつけたり……なにげない日々を過ごしています。 美容や健康にも興味あり! お役に立てるような情報をお届け…もっとみる

白いふわふわオムライスが話題に!

高円寺にある「アイノワール」の、ふわふわオムライス。パっと見た感じは、ホイップクリームのようなビジュアルです。テレビで紹介され、SNSを中心に「白いオムライス食べたけどほんとにふわふわ~」と話題を集めています。 なぜ話題になっているのか、人気の秘密を徹底調査。食べた人の感想も調べてみました。また、アイノワールへの行き方や、ほかのメニューについてもご紹介します。

アイノワールの白いオムライス

価格:800円
アイノワールで話題のオムライスの正式名称は、その名もズバリ「ふわふわオムライス」。普通のオムライスだったら、黄色い卵がケチャップライスをおおっていますよね。アイノワールの場合は、シュワワ~っとしたメレンゲ状の卵が、ピラフの上にたっぷりのっています。
いろんなオムライスを食べ歩いている人でも「こんなオムライスは初めて」と驚くほどの白さです。白いと知って訪れても、実物を目の前にするとテンションが上がるに違いありません。厨房に耳を澄ませていると、提供間際までミキシングする音が聞こえてきて期待で胸が高まりますよ。
鉄板の部分は熱々だから、上の卵はほわほわだけど、下の方はほんのり焼けてスフレみたいです。違う食感を楽しめるのも、このオムライスの魅力のひとつ。 メレンゲをかきわけて見えてくるのはケチャップではなくチキンピラフです。そのピラフは、ベジブロス(野菜のダシ)で炊き上げられてます。

ネットでも話題沸騰!

ネットでも話題沸騰の「ふわふわオムライス」。実際に食べた人の感想や口コミをピックアップしてご紹介しますね。
食べた人の感想や口コミを見てみると「本当にふわふわなんだ感動」とか「卵が想像以上に泡って感じで、いつも食べているオムライスとは全く違う」「中のライスは、やさしい味でおいしかった」「日本でもここだけしか楽しめないオムライスなのでは」など。 また「お店の紹介にあるように鉄板で出されるから、食べ進めていくうちに食感が変わり最後までおいしく味わえる」など絶賛する声が圧倒的に多かったです。

高円寺「アイノワール」

お店があるのは、東京メトロ丸ノ内線の「東高円寺駅」とJR中央線「高円寺駅」の両駅から歩いて約10分の場所です。 環七通りから少し入った所で、ほぼ住宅地のような感じの所にたたずんでいます。斜め向かいに杉並年金事務所がありますので、目印にするとわかりやすいかもしれません。 外観は、普通にカフェといった雰囲気です。お店の前にグリーンの椅子があって、そこにオープン・クローズを示す看板が出ています。ウェルカムな感じだから躊躇することなく入れますよ。
店内は、テーブル席が18席ほど用意されています。こぢんまり感が心地よい家庭的な雰囲気です。お店は、ご夫婦お2人でなさっているよう。お冷は最初は持ってきてくださいますが、あとはセルフで注ぐスタイルです。 店舗で提供されているメニューは、オーガニックにこだわった体にやさしい料理がラインナップ。ドリンクメニューには摂取できる成分や、飲んだらこういった効果がありますよという説明書きが記載されています。

ほかのフード&スイーツもおすすめ

アイノワールのおすすめは、ふわふわオムライスだけではありません。おいしくて体にやさしメニューもいっぱい。いくつかピックアップしてご紹介しますね。

キーマカレー

価格:900円
画像を見てわかるように、キーマカレーはケーキのような円形のビジュアル。2種類あり、ひとつは、ヘルシーな鶏ひき肉とトマトをたっぷり閉じ込めた「ほうれん草入りキーマカレー」です。 もうひとつは、たけのこをペーストにし、インド人から伝授されたというスパイスを配合。食物繊維たっぷりの「有機たけのこ入り17種類のスパイシーキーマカレー」です。 食べた人の感想は「ひと口目はやさしい味わいで後からスパイスが効いてきます。ガツンとインパクトのあるカレーではないけれどクセになるウマさ」と言っています。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS