ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

人気のスプレッドをお取り寄せ♪

Photo by muccinpurin

“朝はパン派” という方も多いと思いますが、ジャムやバターばかりでマンネリしていませんか?眠くてちょっぴり憂鬱な朝だからこそ、朝食に楽しみを作って気分を上げていきましょう!

AOKOMEYA TOKYOから発売されている「ピスタチオ クリームチーズスプレッド」は、クリームチーズをベースにピスタチオを合わせたスプレッド。朝からピスタチオとはちょっと贅沢な気もしますが、1日のよいスタートが切れそうな気がする……!

パンとの相性レビューをはじめ、アレンジのアイデアもご紹介します。

AKOMEYA TOKYO「クリームチーズスプレッド」

Photo by muccinpurin

「クリームチーズスプレッド」1,296円(税込)
ナッツのなかでも、とりわけ高級品とされるピスタチオ。ケーキの上にちょこんとのっただけで存在感が別格ですし、ミックスナッツには少量しか入っていないレアキャラです。鮮やかなエメラルドグリーンと上品な香りから、 “ナッツの女王” とも呼ばれています。

ここ数年、ピスタチオアイスやピスタチオを使ったチョコレートが多く発売されるなど、巷ではプチピスタチオブームが継続中。

そんなピスタチオと良質なナチュラルチーズを混ぜ、スプレッドにしたのが「クリームチーズスプレッド」です。シックなデザインの瓶でいかにも高級そう。ひと瓶110g入りで1,296円と少々お高めな価格設定ですが、日々売れ続けているのだとか。なぜでしょう。

とにかく香りがいい…!

Photo by muccinpurin

蓋を開けてみると、ピスタチオの上品な香りとクリームチーズのいい香り~。ナッツってどうしてこう幸せな香りがするんでしょう。そこにクリームチーズのほんのりと酸味を帯びた風味が加わり、食べる前からおいしいことが予想できます。

ナチュラルチーズは北海道産、ピスタチオはアメリカ、トルコ、イランのものを使っています。ちなみにこの3国が世界のピスタチオ生産量トップ3を占めていて、なかでもイランのピスタチオは特急品。ピスタチオの品質に間違いはなさそうです♪

そして特筆すべきは化学調味料無添加とういう点。毎朝食べるパンに塗るものだから、からだにやさしいものだけでできているのは魅力的ですよね。子どもにも安心してあげられそうです。

いつものパンがリッチに…!

Photo by muccinpurin

パンに塗ってみると、鮮やかなグリーンでいかにも夏っぽい仕上がりに。なめらかなスプレッドに刻んだピスタチオが入っていて、噛めば噛むほどピスタチオのリッチな風味が口いっぱいに広がっていきます。

甘みにはグラニュー糖が使われていますが、驚くほどすっきりと甘さ控えめなので、ごらんの通りたっぷりと塗っても甘すぎるということがありませんでした。

筆者は、甘いものを食べたあとはかならずしょっぱい物を食べたくなる無限ループにハマるのですが、クリームチーズスプレッドはほのかな塩味が付いているので、トースト1枚で完結しても満足度が高そうです。

Photo by muccinpurin

クリームチーズスプレッドだけでもいいですし、ラズベリーやルバーブなど、酸味が多くピスタチオと相性がいいジャムをほんの少し垂らすのもおいしそう。淡い緑に赤がよく映えそうですね。

もちろん、ジャム以外にもカットしたフルーツをのせることで彩りも栄養価もアップし、旬を取り入れることにもつながります。ピスタチオとフルーツをのせたトーストやバゲットは、それだけでリッチ感がありますよ♪

クラッカーにサンドしておやつに

Photo by muccinpurin

クリームチーズスプレッドをクラッカーにサンドして、おやつっぽくアレンジしてみました。塩気が効いた甘くないビスケットやクラッカーにサンドすれば、お酒のおつまみにもぴったりですよ。生ハムをちぎってのせればより一層おつまみ感がアップしそうです。

※トップに散らしてあるピスタチオはあとからかけたものです。

Photo by muccinpurin

サンドしてすぐでももちろんおいしいのですが、冷凍庫で冷やすとクリームが締まってよりおいしく感じられました。暑い夏にぴったりなおつまみ&おやつアレンジです♪

夏にぴったりのレモンも発売中

Photo by AKOMEYA TOKYO

「プレミアムクリームチーズスプレッド レモン」864円(税込)
国産レモンを使った「プレミアムクリームチーズスプレッド レモン」も発売中。

北海道産の良質なナチュラルチーズに、瀬戸内産のレモンをプラス。レモンの酸味と香りを効かせることで、上品なチーズケーキをそのままジャムにしたような、さっぱりとした味わいが魅力です。

Photo by AKOMEYA TOKYO

パンに塗って食べれば、まるでチーズケーキを食べているような気分に浸れます。レモンのほどよい苦みとジューシーさがぎゅっと詰まったクリームチーズスプレッドは、濃厚なピスタチオとはまたひと味違ったおいしさですよ。
Photos:11枚
スプーンですくったAKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッド
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッドの瓶
スプーンですくったAKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッド
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッドを塗ったパンとクリームチーズスプレッドの瓶
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッドを塗ったパン
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッドを塗ったクラッカー
AKOMEYA TOKYOのクラッカーサンドを指で挟むように持つところ
AKOMEYA TOKYOのプレミアムクリームチーズスプレッド レモン
AKOMEYA TOKYOのプレミアムクリームチーズスプレッド レモンを塗ったトースト
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッド ピスタチオとレモン
AKOMEYA TOKYOのクリームチーズスプレッドを塗ったパンとクリームチーズスプレッドの瓶
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS