作り方

1. 卵白を泡立てる

Photo by muccinpurin

ボウルに卵白と塩を入れ、ホイッパーを使ってメレンゲを作ります。今回は量が少ないので、ハンドブレンダーの先に泡だて器を取り付けて泡立てました。ハンドミキサーがなくても、泡だて器があれば1~2分で充分泡立ちます。

塩を入れることで卵白が泡立ちやすくなるので、かならず加えてくださいね。

2. フライパンで蒸し焼きにする

Photo by muccinpurin

角が立つくらいのメレンゲができたら、オーブンペーパーやシリコン樹脂加工が施されたホイルシートなどにメレンゲをこんもりと盛り付けます。

このとき、雲のようにふんわりと形を整え、卵黄をのせるために中央をややくぼませておきましょう。

Photo by muccinpurin

ホイルシートごとフライパンにのせ、中央に静かに卵黄をのせます。

ホイルシートの端をめくってスプーン一杯ほどの水を加えたら、蓋をして中火にかけ、3~5分蒸し焼きにします。卵黄が好みの固さになったら火から下ろし、水で濡らしたフライ返しを使って静かに取り出します。

トースターやオーブンでも!

今回はフライパンで蒸し焼きにしましたが、オーブンやトースターを使って焼く方法もあります。オーブンを使う場合は、220℃程度に予熱したオーブンで好みの時間焼いてください。

トースターを使う場合も予熱しますが、熱源が近く焦げやすいので注意が必要です。

予熱するのに時間はかかりますが、いくつかのエッグインクラウドを同時に作る場合はオーブンを使う方が効率がよさそうですね。また、ほんのりと焦げ目がつくのがお好みの場合も、オーブンやトースターがおすすめです。

ふわしゅわでいつもの料理に特別感!

Photo by muccinpurin

できあがったエッグインクラウドを、ナポリタンにのせてみました。筆者は目玉焼きもかなり半熟派なので蒸し焼き時間を短めにしましたが、焼き加減は好みで調整してくださいね。

空気をたっぷりと含んでいるので、パスタとなじみがよくまろやかな味わいに。目玉焼きだとカリカリとして切り分けにくさを感じますが、メレンゲならフォークひとつでパスタと混ぜられるので楽チンです♪

メレンゲのシュワッ、卵黄のとろ~りでいつものパスタも格段に特別感がアップしますよ!

エッグインクラウドで料理を格上げ!

Photo by muccinpurin

卵ひとつでできる新感覚グルメ「エッグインクラウド」。カレーやパスタ、トースト以外にも、ハンバーグにのせたり、ごはんにのせてエッグインクラウドTKGにしたりと、シンプルなだけにどんな料理とも相性抜群です。

少ない量の卵白ならメレンゲも1~2分ほどで泡立てることができるので、朝ごはんやランチに作ってみてくださいね。卵ひとつでいつもの料理がちょっぴり特別になる、魔法のようなアレンジです♪
Photos:9枚
横から見たエッグインクラウドのせナポリタン
エッグインクラウドをのせたトースト
エッグインクラウドをのせたカレー
ハンドブレンダーと卵、塩
ハンドブレンダーで卵白を泡立てる様子
泡立てたメレンゲをホイルシートにのせる様子
フライパンに入ったメレンゲに卵黄をのせる様子
エッグインクラウドの卵黄をナイフで崩すところ
エッグインクラウドをのせたナポリタン
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ