あまり詰め込まない

冷蔵庫の掃除は、中のものを全部取り出す必要があります。普段から保存する食品類の数を抑えておくと、あまり手間をかけずに掃除に取り掛かることができます。

びん類や調味料をボックスにまとめておく

冷蔵庫内の細々としたびん類などは、収納ボックスやカゴなどにひとまとめにしておくと、掃除の際にさっと取り出せて便利です。このとき「お弁当に使う調味料」「朝食に使う食品」などと用途別にまとめておくと、普段使うときにも便利ですよ。

汚れたらサッとひと拭き!

調味料の液だれや、野菜くずなどを見つけたら、キッチンペーパーなどでサッと拭き取っておきましょう。汚れが蓄積しにくいので、冷蔵庫掃除がとても楽になりますよ。

汚れやにおいが目立つ食品の保存は……

せっかくきれいに掃除をした冷蔵庫。内部を汚しやすかったり、においがきつい食品の保存にも工夫をしましょう。

刻みネギなどのにおいがきついものはしっかりとフタが閉まる保存容器に入れたり、液だれがしやすいボトルはキッチンペーパーを敷いたボックスに収納するなどして、冷蔵庫内をできるだけ清潔に保つようにするとよいでしょう。

コツをおぼえて気がついたときにトライ!

冷蔵庫の掃除は年末におこなうものと思っている方も多いと思います。確かに作業としては少し大変そうですよね。

しかしコツをおさえると、案外簡単!年に一度の大仕事にせずに、作業を効率よくブロック分けしながら、気がついたときにトライしてみませんか?冷蔵庫がきれいだと気持ちがよく、料理の意欲もわいてきますよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS