【用途別】料理にも掃除にも!クエン酸の成分と活用方法

柑橘類に含まれているクエン酸は、疲労回復の効果がある成分として各種ドリンクが販売されていますが、それだけでなく、お料理の下ごしらえやお掃除にも使えるすごいパワーが注目されています。化学薬品と違って安全性が高く、これはぜひとも日々の生活に活用しない手はありません。

2019年8月29日 更新

そもそもクエン酸ってなに?

クエン酸は重曹と並んで、洗剤や化学薬品を使わない「ナチュラルクリーニング」では人気のアイテムです。その語源は中国産の柑橘類の一種「枸櫞」(くえん)です。ご存知の方も多いと思いますが、クエン酸は柑橘類や梅干しなどに多く含まれ、原料由来のさわやかな酸味があるので食品添加物やサプリメントにもよく使われています。

工業的には原料は柑橘類ではなく、サツマイモのデンプンを黒麹を使って発酵させて精製して製造しています。

クエン酸の成分の特徴

クエン酸は酸性なので、アルカリ性のカルシウムを中和して溶かす働きがあります。それを利用して水回りの白く固まったガリガリ汚れを溶かしたり、電気ポットなどの洗浄にも使えます。お洗濯の仕上げ剤やシャンプーのリンスにも利用されてます。

トイレのアンモニア臭もアルカリ性なので、これを中和する消臭剤の成分としても使われます。

クエン酸の効果と使い方【料理に使う場合】

野菜の下ごしらえに

クエン酸はお掃除だけでなく、お料理の下ごしらえにも使えます。ゴボウやレンコンなどの根菜類には、水1Lに対してクエン酸を小さじ1杯ほど加えてしばらく浸けておくと、色の黒ずみを防げるので、仕上がりがきれいになります。

また、大根おろしが辛いときにも加えると辛味が抑えられます。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

shucyan

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう