ライター : マカロニメイトニュース

macaroni公認のユーザー組織「マカロニメイト」の公式アカウントです。マカロニメイトに関するニュースやお得なキャンペーン情報をお届けします。

本日のゲストは……?

Photo by @y__hahaha

Yhahahaさん
本日のゲストはただの卵かけご飯ではなく『納豆卵かけご飯』のトリコになっている Yhaha さん。日々無限大のアレンジを楽しんでいる Yhahaha さんに納豆卵かけご飯の魅力を語っていただきました。

納豆卵かけご飯ライフが生まれたエピソードとは?

納豆卵かけご飯の偏愛歴を教えてください。

「ちょうど1年!短いです(笑)」

納豆卵かけご飯を愛するようになったきっかけを教えてください。

Photo by @y__hahaha

「もともとなにかを始めたくてこのアカウントを作ったのが始まり。でも最初は納豆はなくて、ただの卵かけご飯だったんですよ。そこに納豆がプラスされる事になったきっかけがあったんです。

そこから私の納豆卵かけご飯の追求が始まりました。どうすれば美しく美味しい納豆卵かけご飯が食べれるか。そうすると、不思議な事に今まで気にしてなかったのに色々な情報が入ってくるんですよね!


今度は納豆と卵白の組み合わせは納豆のヤセ菌の吸収を抑制してしまうと記事を読んだんです。※効果は1年経っても出てませんけど(笑)


これで現在の納豆卵かけご飯の形が完成したのです」

納豆卵かけご飯の魅力や好きなところを教えてください。

Photo by @y__hahaha

「ひとつの器で色々な味を楽しめるところですかね。卵かけご飯ってガーーーーってかき混ぜて一気に食べるじゃないですか?納豆卵かけご飯もガーーーってする時もあるんですが、私は基本的に、ゆっくり少しずつ崩しながら味わうんです!そうすると、色々な具材をのっけてるのでひとつの器で色々な味が楽しめるんです。


そして、奥が深いです。調味料ひとつ変えるだけで、昨日と全然違う味になるんです!例えば、お醤油で食べてたのを、ごま油と岩塩に変えるだけでびっくりするほど違う味になるんです。さらに食材も変える事で無限に色々な食べ方に挑戦できるんです。


なにをやっても三日坊主の私がこれだけ食べて、まっっったく飽きないですもん!私の人生でこんなにも続けてる事って結婚生活以外ないですからね!それだけ納豆卵かけご飯は魅力的なんです!」

なぜ納豆ご飯、卵かけご飯などではなく納豆卵かけご飯なのですか。

Photo by @y__hahaha

「もともと卵かけご飯が好きだったんです。お腹空いたら『とりあえず卵かけご飯食べとくか』って。それに納豆をプラスして食べるなんて自分でも思ってなかったです。ですが、卵かけご飯に納豆がプラスされる事になったきっかけがあったんです。

それは、ある日、テレビで血圧が高くて余命数ヶ月と言われた人が、納豆とお酢と卵を混ぜた物を毎日食べてたら、それから十数年まだ元気!っていうのを見たんです。

なんでも影響されやすい性格なんで、少し血圧高めだった私も『じゃあ卵かけご飯に酢納豆入れたらいいじゃん!』って。で、たまたま冷蔵庫にあった納豆で試したら、まぁ美味しくってびっくりしましたよ。実際、健康診断でも血圧は下がりました!

そこから私の納豆卵かけご飯人生が始まったんです。納豆卵かけご飯の誕生はそのテレビのお陰ですね」

まわりの人よりも「私って納豆卵かけご飯、本当に好きだな」と思ったエピソードを教えてください。

Photo by @y__hahaha

「とりあえず『なんでもこれ合うかなぁ〜』ってやってみる事かなぁ。インスタに載せてないだけで、失敗もいっぱいありますよ。蒟蒻系はあまり合わないですね。納豆の旨味がなくなってしまう。


家族には笑われてます。なんでもかんでも納豆卵かけご飯にしちゃうから『もうなんの味かわからないじゃん!』って(笑)。


でも私には、それぞれの食材と納豆と卵黄がたまらなく美味しいんです。結果、自分が美味しく幸せならそれでいいと思ってます(笑)」

Photos:11枚
@y__hahahaさんのInstagramアイコン
納豆卵かけご飯にしらすが乗っている丼
モロヘイヤとめかぶがのった納豆卵かけご飯
イカ明太と大葉がのったな納豆卵かけご飯
お刺身がのった納豆卵かけご飯
そぼろがのった納豆卵かけご飯
ねぎとろがのった納豆卵かけご飯
高級な納豆卵かけご飯
おかかわさび納豆卵かけご飯
パルメザンチーズ納豆卵かけご飯
かぼす納豆卵かけご飯
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS