短時間で冷凍したい!

炎天下のおでかけにあると便利な、冷凍したペットボトル。いざ使おうと思ったら、冷凍するのを忘れていた……ということがあるかもしれません。そんなとき、短時間で冷凍できるといいですよね。

冷凍したいペットボトル飲料に、濡れタオルやキッチンペーパーを巻いてから冷凍庫に入れてみましょう。これは、濡れタオルの水分が蒸発するときにペットボトルが持つ熱を奪う、気化熱の力を利用する方法です。何もしないよりも、短時間で冷凍できますよ。

すぐに飲みたい!

凍らせたペットボトルの飲料を飲もうと思ったのに、まだカチカチな氷のまま……。飲みたいときにすぐ飲める、冷凍ペットボトル飲料の作り方をご紹介します。

まず、飲料が入っているペットボトル以外に、もう1本空のペットボトルを用意します。凍らせたい飲料の半分をもう1本に移し冷凍庫へ。もう1本は冷蔵庫で冷やしておきます。このとき、凍らせるペットボトルは、庫内で斜めになるように入れてください。

冷凍庫のほうが凍ったら、冷蔵庫で冷やしていた半分を戻し入れてできあがりです♪

また、凍らせると味が濃い部分と薄い部分に分かれてしまうスポーツドリンクなどを作るときにも、この方法が効果的です。

冷凍したペットボトルの活用方法

お弁当の保冷剤に

凍ったペットボトルは水分補給のためだけではなく、保冷剤代わりのアイテムとしても使えます♪ 前日に凍らせたペットボトルを、お弁当と一緒にバッグに入れるだけ。溶けたらそのまま飲めるので、飲み終わったら捨てて荷物を減らすことができます。

夏の熱中症対策に

ペットボトルは持ち運びしやすいので、暑い日の熱中症対策にも使えます。炎天下の中、道を歩いていてクラっとしたときには、日陰に腰掛けて、凍ったペットボトルを「首」「わき」に当てて冷やしましょう。夏場におこなうスポーツのお供にもおすすめです!

冷凍ペットボトルはあると便利♪

冷凍したペットボトルは、冷凍庫に常備しておくととっても便利♪ この記事で紹介したように、保冷剤や熱中症対策にも効果的で、飲料として以外にも活躍してくれますよ。試したことがないという方は、外での活動が増える時季にぜひ作ってみてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ