ライター : 渡辺 りほ

管理栄養士

学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養…もっとみる

この記事を執筆した人

管理栄養士 / 渡辺りほ
学校給食センターにて、管理栄養士として献立作成や食に関する指導に従事した経験から、子どもたちだけでなく幅広い世代への「食育」に興味を持つ。現在は在宅WEBライターとして、栄養学にもとづいたダイエット方法や食材の知識について発信中。

花粉症対策ってどんなことができる?

花粉症対策といえば、マスクをつけることを思いつく方は多いでしょう。しかし、喫煙やストレスが花粉症を悪化させるとも考えられています。衣類に花粉をつけないようにするだけでなく、生活習慣や食生活を整えることも大切ですよ。

同じ花粉症であれど、症状には個人差があるもの。セルフケアに即効性があるとは言えません。あくまでも花粉症の症状を和らげる対策のひとつとして考えましょう。症状がひどい方は、セルフケアをおこなうだけではなく、かかりつけの医師に相談してくださいね。(※1)

花粉症対策に役立つ方法【食事編】

食生活をはじめとした生活習慣の欧米化が、花粉症患者が増加している原因のひとつだと考えられています。花粉症のセルフケアには、規則正しい食生活や栄養バランスのとれた食事が大切です。主食・主菜・副菜・汁物をそろえた食事を心がけましょう。

とくに花粉症対策によいといわれている食材を取り入れるのも、セルフケアのひとつ。どのような食材が役立つのかチェックしていきましょう。(※1,2)

乳酸菌が豊富な「ヨーグルト」

ヨーグルトに多く含まれる「乳酸菌」には、くしゃみや目のかゆみなどを引き起こす「IgE抗体」の生産を抑制するはたらきがあるとされています。

とくに花粉症対策に役立つといわれている「乳酸菌B240」や「クレモリスFC株」が含まれているヨーグルトがおすすめ。毎日摂るほか、花粉症シーズンの8週間前から摂取することが大切です。(※3,4)

腸内環境を整える「納豆」

花粉症の原因のひとつとして、腸内細菌の変化があげられます。腸内環境を整えるには、納豆やキムチなどといった善玉菌を多く含む発酵食品を意識して摂ることが大切です。

なかでもおすすめの食材は納豆。「納豆菌」には悪玉菌を減らし、腐敗菌の増加を抑えるはたらきがあるからです。また、ほかの善玉菌の増殖を促してくれますよ。(※1,5)

βーカロテンやポリフェノールを含む「緑黄色野菜」

トマトの果皮に豊富な「ナリンゲニンカルコン」というポリフェノールには、ヒスタミンの遊離を抑えてスギ花粉症の自覚症状を和らげる作用があるといわれています。(※6)

また、さまざまな緑黄色野菜に多く含まれる「βーカロテン」には、免疫バランスを整えるはたらきが。とくにβーカロテンが豊富なにんじんジュースは、アレルギーの発症を抑制するのに役立つと考えられています。(※7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS