ライター : 長曽我部 真未

管理栄養士

学校給食の栄養士として勤務後、食の大切さや楽しさを伝えたいとの想いでフードユニット『ランネ』を結成。熊本のちいさなアトリエで栄養バランスを考えたおいしくオシャレな食卓を提案…もっとみる

基本の親子丼のカロリーはどのくらい?

親子丼はご飯の量にもよりますが、通常約700kcal前後です。今回ご紹介する親子丼は約444kcalと、500kcal以下に抑えました。(※1)

一般的に親子丼は、鶏もも肉を使用することが多いのですが、カロリーの低い鶏むね肉を使用してカロリーダウンしています。鶏むね肉の約半量を豆腐に置き換えることで、さらにカロリーダウン。ヘルシーでとろんとした豆腐の食感の親子丼を楽しめます。

もっとカロリーダウンしたい人は、皮を剥ぎ取った鶏むね肉を使用するのがおすすめです。

カロリー控えめ!ヘルシー親子丼

(調理時間:20分)

このレシピの栄養価(1人前)

エネルギー……444kcal
たんぱく質……26.9g
脂質……11.4g
炭水化物……52.1g
糖質……49.3g
食物繊維総量……2.8g
食塩相当量……3.2g
出典:日本食品標準成分表2015年版(七訂)追補2018年

材料(2人分)

Photo by 長曽我部真未

・ごはん……200g
・卵……2個
・鶏むね肉……120g
・片栗粉……小さじ1杯
・料理酒……小さじ1杯
・豆腐……100g
・玉ねぎ……1/2個(100g)
・三つ葉……お好みで

だし汁

・水……150cc
・こいくちしょうゆ……大さじ2杯
・みりん……大さじ1杯
・砂糖……大さじ1/2杯
・和風顆粒だし……小さじ1/2杯

コツ・ポイント

パサつきやすい鶏むね肉は、下処理をきちんとすることでおいしさがぐんとアップします。まず、ひと口大に切りますが、繊維を断ち切るようにそぎ切りにし、火の通りが均一になるように大きさをそろえてください。

片栗粉と料理酒をもみこむことで、加熱したときのパサつきをやわらげます。この片栗粉は、鶏肉を煮た際にだし汁にとろみをつけてくれるので、卵がふわとろに仕上がりますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS