ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

モンブラン×プリンという最高の組み合わせ!

Photo by muccinpurin

成城石井の数あるスイーツのなかで、高い注目を集めているのが「渋皮栗のモンブランプリン」。モンブランとプリンがひとつになったという、ネーミングを聞いただけでもすでに魅力的じゃないですか? 成城石井のスイーツのなかでもかなりの売れ筋とのこと、気になるお味を実際に食べてレポートいたします♪

湘南プレミアム「渋皮栗のモンブランプリン」

Photo by muccinpurin

「湘南プレミアム 渋皮栗のモンブランプリン」299円(税別)
パティスリーに勤めていたことがある筆者の調べでは、プリンとモンブランは2大人気スイーツ。とはいえまったく対局な味わいがゆえ、「どっちにしようかな~」と悩むひとも多いはず。 そんな人気者のモンブランとプリンがひとつになっているなら、悩むことなく買い物かごへ入れちゃいます。しかも、299円(税別)とお手頃プライス。ちょっと高いプリンだって、このくらいのお値段します。

Photo by muccinpurin

土台はベーシックなカスタードプリンで、ホイップクリームとマロンクリームが層になっています。モンブランクリームのせいか、どっしりとした重さが。 大きくつやっつやの渋皮栗がどこか誇らしげに見えますね。最初に食べるか、最後まで取っておくか悩むところ……。 さっそく、試食に移りましょう!

しっかり固めのプリンだ…!

Photo by muccinpurin

美しく絞られたモンブランクリームにスプーンを入れて、プリン、ホイップ、モンブランクリームを一度にすくってみました。 写真ではやわらかそうに見えますが、プリンはしっかりと固めの喫茶店タイプ。モンブランクリームが濃厚なので、とろけるなめらかタイプでは風味が負けてしまうのかもしれないですね。 しっかりと固く焼かれたプリンは甘さが控えめで、ぽってりと濃い目のモンブランクリームと合わさるとちょうどいい甘さです。

カラメルソースで大人っぽい味わいに

Photo by muccinpurin

モンブランクリームとプリンのあいだにホイップがあることで、ふたつのパーツをつなげる役割を果たし、口のなかですんなりとなじんでくれます。 写真にはありませんが、底に多めのカラメルソースが敷かれていて、その苦みが加わるとモンブランがより大人っぽい味に変化。カラメルソースはかなり焦がしたタイプなので、子どもには苦すぎるかな……という印象でした。

Photo by muccinpurin

悩んだ挙句、栗の渋皮煮は途中で食べることに。よく見てみると、丸ごとではなく大粒のものが半分にカットされていましたが、このサイズのプリンには十分な大きさです。 砂糖の甘さではなく、栗そのものの自然な甘さでとてもやわらかく、「この栗だけでも商品化してほしい……」と感じるほど。 モンブランクリーム、プリン、ホイップ、渋皮煮で構成されていて300円ちょっととは、かなりお得な気がしました。

売れている理由に納得!

Photo by muccinpurin

数ある成城石井のスイーツのなかでも、人気が高いといわれる「湘南プレミアム 渋皮栗のモンブランプリン」、このお値段でこの味わいならリピートしたくなるのもうなずけました。濃厚なモンブランクリームだけでなく、全体としてのバランスが抜群です。 ちょっぴり特別感のある大人のモンブランプリン。自分へのご褒美スイーツとしてこっそり食べたくなる味ですよ。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:湘南プレミアム 渋皮栗のモンブランプリン ■価格:299円(税別) ■カロリー:1個あたり332kcal ■販売場所:全国の成城石井各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS