ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

たったの350円!? カルディで合鴨スモークを発見!

Photo by muccinpurin

お肉のなかでも、鴨肉ってちょっぴり特別な感じがしませんか?お蕎麦屋さんで頼む鴨南蛮や、フランス料理で出てくる鴨のローストは、脂がのっているのにどこか上品な味わい。 そんな鴨を気軽に食べたいなら、カルディの「合鴨スモーク燻製」がおすすめ。たったの350円でちょっぴり贅沢な気分が味わえますよ♪

カルディオリジナル「合鴨スモーク燻製」

Photo by muccinpurin

「合鴨ロース」351円(税込)
カルディオリジナルの合鴨ロース燻製は、真空パックになって冷凍で販売されています。冷凍商品を扱っていないカルディもあるので、取り扱いがあるかは最寄りの店舗に問い合わせてみてくださいね。 さて、カルディの合鴨はただ焼いただけではなく、燻製になっているところがポイント。脂の多い鴨は、燻製との相性が抜群にいいんですよね。 パッケージのかわいい鴨のイラストにちょっぴり心が痛む気がしますが、おいしく食べるので勘弁してね♪

Photo by muccinpurin

冷凍状態で販売されているので、冷蔵庫で解凍しなくてはいけません。急に食べたくなってもすぐには溶けないのでご注意を。 「いますぐ、どうしても鴨が食べたい! 」というときは、流水に浸けておくと解凍が速まりますよ。一度解凍したものを冷凍すると風味が落ちるので、解凍は計画的にどうぞ♪ パッケージを開けた途端に漂う、スモーキーな香り。すでに「生ビール一杯お願いします! 」状態です。もちろん、赤ワインでもよさそうですが。

フライパンで炙ると香ばしさアップ!

Photo by muccinpurin

見てください、このいい感じの脂! パッケージに記載してあったとおり、フライパンで皮目を軽く炙ってみました。すると、燻製の香りが立ち、脂身が溶けてますますおいしそう! 燻製には桜のチップを使っているようで、くどすぎず、ほどよくフルーティーな香りでとても食べやすそうな予感。あまりくどいと、せっかくの鴨の味わいが台なしですからね。 スライスしただけなのに、このおいしそうなビジュアル! もう、余計な盛り付けはいらない気もしてきましたが、せっかくなので皿に移していただきます。

Photo by muccinpurin

あまりのジューシーさに、食べる前にすっかり見とれてしまいましたが、これで350円という価格にもうっとり。とはいえ、味がおいしくないことにはリピートはありませんよね。 一枚つまんでみると、じゅわ~~っと口いっぱいに広がる鴨の上質な脂。とにかく、旨みがすごい! 濃い鴨の旨みに負けないように、りんごチップを使ったフルーティーな燻製の香りが追いかけてきます。なにこの、最高のハーモニーは! 

Photo by muccinpurin

脂のノリもしつこすぎず、一枚、また一枚とつまんでしまいます。「ああ……ここにワインがあったら最高なのに」と思いつつ、また一枚。 そのままでも充分おいしいですが、やはり最上級のおいしさを引き出したければ、ぜひ、フライパンで炙ってください。この炙りがあるとないとでは、鴨ロースへの評価が変わるといっても過言ではないレベルです。

いつものサンドイッチも特別感♪

Photo by muccinpurin

やわらかくてジューシーな鴨は、サンドイッチにもぴったり。卵やハムもいいけれど、旨みが強い鴨ロースは、サンドイッチを特別なものにしてくれる気がします。 すんなりとかみ切れるほどやわらかいので、贅沢に厚めのスライスでどうぞ♪

おもてなしにも最適!

Photo by muccinpurin

解凍してさっと炙るだけで極上の贅沢気分に浸れる、カルディの「合鴨ロース燻製」。 一日頑張ったご褒美の晩酌のお供にはもちろん、冷凍庫に常備しておけば、おもてなしのひと品にもぴったりですよ。スライスしてサラダを添えれば、ほめられおつまみのできあがりです!
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:「オリジナル 合鴨ロース燻製」 ■内容量:150g ■価格:351円(税込) ■販売場所:全国のカルディ各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS