業務スーパーマニアがリピ買い!「薄焼き餅」は家で味わえる台湾グルメ

業務スーパーには、海外の輸入食品がたくさん並んでいます。見たことのない珍しい食品があるとちょっと気になりますよね。この記事でおすすめするのは、台湾から直輸入された「薄焼き餅」。業務スーパーマニアの筆者イチオシの商品です。

2019年12月23日 更新

気になる味は?

焼きたての薄焼き餅(ビン)をピザ風にカットして食べる様子

Photo by kanipangram

できたてをひとくち食べてみると、ねぎとごまの風味が口に広がって、外はパリパリでサクサク、中はもちもちとした食感がクセになります!

味付けは塩だけとシンプルですが、香ばしいねぎの味わいと、薄いクロワッサンのような軽い食感でどんどん食べてしまいます。素材のシンプルな旨みがきいていて、初めて食べたときは「これは買って正解!」と思った商品です。

ただしカロリーのほうは1枚約120gあたり317kcalと、薄い生地なのに高カロリー。軽い口あたりでおいしいので、ついつい手に取ってしまいますが、食べ過ぎには要注意ですね。

卵・ベーコン・チーズをはさんで軽食に

卵・ベーコン・チーズをはさんで焼いた薄焼き餅(ビン)

Photo by kanipangram

本場の台湾屋台では、卵やお肉・野菜など、好きな具材をはさんでアレンジします。今回は焼きたての薄焼き餅(ビン)に卵・ベーコン・チーズを挟んで、フライパンでもう一度焼いてみました。

外はカリッとした食感で、中はもちもちとした薄焼き餅(ビン)に、とろりと溶けたチーズや卵・ベーコンが相性良くからみます。なかなか食べごたえがあるので、これひとつだけでお腹がいっぱいになりますよ。

朝ごはんやお昼ごはんなど、ちょっとお腹が空いたときにちょうどいい軽食です。

2. ねぎの風味がマイルド!「薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味」

業務スーパーの薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味

Photo by kanipangram

360円(税抜)

こちらはほうれん草が足された「薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味」。原材料は小麦後、大豆油、ねぎ、ごま、ほうれん草、食塩と、先程の薄焼き餅にほうれん草を加えてあります。
オーブントースターで焼いた薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味

Photo by kanipangram

ひとくち食べてみると、あまりほうれん草の味は感じません。ただ、先ほどより、ねぎの風味がマイルドに感じられます。

1枚約120gあたり295kcalと、スタンダードな薄焼き餅(ビン)より少しカロリーが低いです。そのぶんちょっと味付けに物足りなさを感じるので、塩コショウで軽く味付けして食べるのもいいですね。

さっそくアレンジして食べてみましょう!

お好きな具材を巻いてラップごはんに

ツナと卵を巻いてラップごはんにした薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味

Photo by kanipangram

こちらはツナと卵をいれて、くるくると巻いてラップごはんにしました。サクサクとしたほうれん草風味の薄焼き餅(ビン)と、塩コショウで味付けした卵・ツナが相性抜群。

片手で簡単に食べられるので、お弁当やピクニックごはんとしてもいいですね。

おうちで簡単に台湾グルメを

調理した業務スーパーの薄焼き餅(ビン)と薄焼き餅(ビン)ほうれん草風味

Photo by kanipangram

手作りだと手間がかかりますが、簡単な調理方法でおいしく焼きあがるので、お手軽に台湾の味を楽しみたい方にはおすすめです。

ちょっとお腹が空いたときの軽食やお酒のおつまみとしてもぴったり♪ ねぎとほうれん草風味のシンプルな味わいなので、アレンジしやすいところも魅力的です。

外はサクサク、中はモチモチとした新食感で筆者もハマってリピ買いしています!商品が薄いので、冷凍庫に常備しやすいですよ。

気になるかたはぜひ、お近くの業務スーパーをチェックしてみてください。
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますのであらかじめご了承ください。
2 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

kanipangram

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう