ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ピーチティのタイプ

茶葉タイプ

紅茶ならではの深みある風味や味わいを楽しむことができる、茶葉タイプ。紅茶葉に直接香りづけしてできるものと、葉や果実を茶葉と一緒に混ぜて香りづけするものがあります。 ポットや急須に茶葉を入れて抽出するので、できあがりまでに多少時間はかかりますが、紅茶とピーチの香りを贅沢に味わうのにもっとも適したタイプです。

ティーバック

どこでも気軽に飲めるのが魅力の、ティーバッグタイプ。個包装になっているものも多く持ち運びができるので、おうちではもちろん、お気に入りの茶葉をオフィスや外出先などで楽しむことができます。 正しい淹れ方をするだけで、茶葉タイプに匹敵するくらい芳醇な香りや味わいを楽しむことができます。

粉末タイプ

簡単に作って、さっと飲めるピーチティーをお探しなら、粉末タイプがおすすめです。熱いお湯に溶けるタイプのものだけではなく、水に溶けるものもあるので、季節を問わず楽しむことができます。

ペットボトル

コンビニやスーパーで気軽に購入できる、ペットボトルタイプ。自分でお湯を沸かして抽出する手間がなく、お店で買ってそのまま飲めるのが特長です。 ストレートのフレーバーだけではなく、ミルクティーやほかのフレーバーと組み合わさったもの、無糖タイプなど種類も豊富です。茶葉やティーバッグに比べると風味は落ちますが、誰でも気軽に買うことができる身近な種類のピーチティーと言えます。

フレーバーもさまざま!

※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS