ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

たった1滴で激辛!? 正真正銘の激辛ソース!

Photo by muccinpurin

韓国のインスタント麺といえば、赤いパッケージの「辛ラーメン」が有名ですが、激辛好きなら知らな人はいない「ブルダック炒め麺(ブルダックポックンミョン)」も忘れてはいけません。 そんな激辛麺・ブルダックの味のベースとなっている激辛ソースが、今回ご紹介する「ブルダックソース」。 “世界一おいしい激辛ソース” として2018年に5000本限定でオンライン発売されたところ、あまりのアクセスの多さににサーバーがダウンした伝説のアイテム。 そこまで辛いといわれると、食べてみてくなりませんか……?

これは攻撃的…!「ブルダックソース」

Photo by muccinpurin

「ブルダックソース」591円(税込)
「ちょっと赤めだけど、韓国風の焼きそばかな? 」程度の気持ちで挑んだところ、その痺れるような辛さに悶絶したことを今でも覚えている「ブルダック炒め麺」。今回ご紹介するのは、そんなブルダック炒め麺の味の核となる「ブルダックソース」です。 見た目からして辛そうな、メラメラと炎が燃えたぎるボトルデザイン。キャラクターの牛も、口から火を噴いているではありませんか!

Photo by muccinpurin

まずは中身を見てみようとキャップのラベルをはがすと、まだ封も開けていないのに、辛さを感じる香りが。少量を小皿に出してみると、ご覧のように真っ赤な液体が。これは見ただけだ激辛が伝わってきます。香りをかぐだけでもその辛さが危険だとわかるレベルです。 実は、キャップを開ける段階で手に付けてしまったものを舐めてみたんですが、「少量だから大丈夫」というレベルをゆうに超え、その辛さに悶絶してしまいました。いや、辛い、すごく辛いんだけど奥の方にはチキンの旨みも感じる……なんというか、不思議な辛さです。でも締めくくるのは、やはり辛さでした。 このままではその味がいまいちわからないので、料理に使ってみたいと思います!

ケチャップと混ぜてマイルドに「厚揚げのケチャップ和え」

Photo by muccinpurin

まずは、ケチャップや砂糖を混ぜた甘めのたれに数滴加えて、厚揚げのケチャップ和えでお味見。見た目はおいしそうなケチャップ和えですが……食べ始めの甘酸っぱいケチャップ味は一瞬で消え、じんわりと辛さが押し寄せてきます。 ブルダックの辛さは、ほんの数滴でも充分攻撃的な部類なので、入れすぎには十分注意が必要です。しかも、唇に触れるとヒリヒリするので、口を大きく開けて食べてくださいね! とはいえ、食べるうちに舌が慣れてきて、食べ始めよりも辛さを感じにくくなります。ケチャップとの相性も抜群ですよ。

さらに辛さを求める人に「キムチ焼うどん」

Photo by muccinpurin

「キムチだけではもの足りない!」という辛党におすすめなのが、ブルダックソースのちょい足し。ブルダックソースを前にすれば、キムチの辛さもまだ生ぬるく感じるから不思議です……。 味見をしながら少量を加えることをおすすめします。何しろ麺はすすりながら食べるので、入れすぎると後悔することになりますよ。 やはりこちらも、チキンや牛の旨さが何重にも重なっているソースのおかげで、辛さのその先に旨みがあるため、ひと口、またひと口と箸が進みます。これがブルダックソースの真の魅力なんだなと思いつつ、いつの間にか完食してしまいました。

辛さの奥の旨みが最大の武器!

Photo by muccinpurin

事前に辛い辛いとは聞いていたものの、想像を軽く超える刺激的な辛さだった「ブルダックソース」。 とはいえ、ただ辛いだけではここまでブームにならないのも事実で、実際に食べてみると数種の旨み成分が重なり合って、まさにやみつき必須の旨さなのがわかりました。 辛いもの好きにはおすすめのブルダックソースですが、くれぐれもかけすぎ注意ですよ!
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:ブルダックソース ■内容量:200ml ■価格:591円(税込) ■カロリー:100gあたり217kcal ■販売場所:全国のカルディ ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS