ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

さつまいもはいつから食べられる?

初期(5~6か月頃)

離乳食を始めて、お粥のすりつぶしやだしに慣れてきたら、野菜を試してみます。さつまいもはすりつぶしやすく、甘みもあり赤ちゃんも食べやすいので試しやすい食材です。 やわらかくゆでたり蒸したものをすりつぶして、ゴックンしやすいように初めは裏ごししましょう。白湯やだしでのばしてなめらかなペースト状にします。ベビースプーンひとさじ分からはじめましょう。

中期(7~8か月頃)

上手にゴックンできるようになってきたら、少しずつ形を残していきます。ペーストの中に粒が残るくらいから始めて、2〜3mm角のみじん切りほどの大きさから5mm角くらいまで試してみましょう。 この頃は舌でつぶせる固さを目安に、大人が指ですぐつぶせるくらいやわらかくしたもので大きさを調整していきます。

後期(9~12か月頃)

大きめの角切りも舌でつぶして食べられるようになってきたら、手でつまんだり持ったりしてもいいように、1cmほどの角切りやスティック状にしてみましょう。 この頃は歯茎でつぶせる固さを目安に、中期よりは固さを残してあげます。前歯が生えてきていたら、かじりとる練習をしても良いでしょう。

注意するポイント

下ごしらえ

離乳食に使うときはしっかり下ごしらえしましょう。 さつまいもの端は繊維が多いので両端を避けて、皮も厚めにむきます。輪切りにし、水に15分ほどさらしてアク抜きしましょう。そのうち何回か水を変えて、にごらなくなってきたらOKです。
Photos:5枚
英字新聞の上のふかし芋
ピンクのお皿に盛られた3つのおやき
星型のお皿に入ったさつまいもスティック
波型の小鉢に盛られたさつまいものおかゆ
ピンクの深い小鉢に入ったりんごスイートポテト
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS