ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

こだわりがたくさん!無印の冷食「日本の飲茶」シリーズ

Photo by akiyon

こだわり素材と工夫された製法で、味わい深いアイテムが充実する無印の冷凍食品。いくつかあるシリーズのうち「日本の飲茶」は、“手軽に食べられる飲茶点心” が中心の人気シリーズです。 冷凍食品が登場した当初に比べて、いつの間にかラインアップも充実。今ある9種類の点心類がもっと増えてくれば、いつの日か無印の冷食を使った飲茶パーティーも夢ではなさそうです。 今回は、毎日のおかずに重宝しそうな「焼売」と「餃子」を4種類ピックアップ!どんな商品なのか、実食レビューでお伝えします♪

1. 国産豚肉の旨みがぎゅっ!「国産黒豚肉入り肉焼売」

Photo by akiyon

450円(税込)
まずは「焼売」のジャンルからご紹介!「国産黒豚肉入り肉焼売」は、国産の豚肉や国産キャベツなど、素材が国産づくしの肉焼売です。化学調味料を使わず、素材本来の味わいを生かすよう、ていねいに作られています。 1袋に、ひとつ30gほどの焼売が10個入り。中身が見えて便利な透明なパッケージには、チャックもついていて保存にも便利です。

レンジ調理なのにジューシー!

Photo by akiyon

作り方は、水を少量かけて電子レンジで加熱するだけ。それなのに、食べてみると肉汁がじゅわーっと溢れて、肉の旨みを存分に味わえるんですよ。 ほのかにしょうがの香りがして、オイスターソースや魚醤を使った味つけは絶妙。何もつけずに食べられる味バランスが秀逸です。ジューシーながらもお肉がぎゅっとしていてボリューミー。3つほど食べるとお腹いっぱいになってしまいましたよ♪

2. ふんわりやわらか「国産野菜の海老焼売」

450円(税込)
肉焼売があまりにおいしかったので、次は魚介系の焼売にもトライ!国産のキャベツや玉ねぎと、ベトナム産のえびなどを使って仕上げているのが「国産野菜の海老焼売」です。 素材はほかにたらのすり身も入っていて、砂糖やしょうゆなどでシンプルに調味されています。ホタテのエキスが入っているので、魚介の旨みや風味も抜群です。 ちょっと小ぶりなひと粒16gほどの焼売が、ひと袋に15個入り。肉焼売と大きさを変えているところが “技あり!” です。

えびの食感がぷりっぷり!

Photo by akiyon

焼売の色味は、白くてところどころにエビの赤い色合いが見えます。食べてみるとその食感はとてもふんわり!そのなかで大きめにカットされたえびがプリっと存在感を放っていますよ。 肉焼売よりもあっさりした味つけで、魚介の繊細な旨みが際立ちます。さめてもおいしいので、お弁当のおかずにも向いていると思います♪

3. たくさん入ってお得感あり!「国産黒豚肉入り餃子」

Photo by akiyon

450円(税込)
市販の冷凍餃子は、種類もたくさん!どれを選ぶか迷ってしまうほどですが、無印良品の餃子は化学調味料不使用、厳選素材を使っているので人気があるんです。 「国産黒豚入り餃子」は、国産の豚肉やキャベツを使用し、素材本来の味わいを大切に作られた良質な冷凍餃子。ひと袋に食べ応えのある大きさの餃子が20個入っているので、お得感も感じられますよ。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS