秋の食卓を充実させる。無印良品の冷凍「魚のお総菜」おすすめ3選

無印の冷凍食品は、おにぎりから世界の料理までラインアップが充実!そんななかから、ちょっと地味だけどとってもおいしい「魚のお惣菜」をご紹介します。無印ならではの厳選素材とこだわりの味わいで、秋の食卓を充実させてみませんか?

2019年10月16日 更新

この秋注目!無印の冷食「魚のお惣菜」

3種の冷凍総菜

Photo by akiyon

こだわりの素材や製法で味わい深く、手軽に楽しめると人気の無印良品の「冷凍食品」。キンパなど話題の商品がいろいろありますが、今回は穴場ジャンルともいえる「魚のお惣菜」をご紹介したいと思います。

種類は「さばの味噌煮」「さばのみぞれ煮」「サーモンのスモーク ブラックペッパー」「サーモンのロースト ハーブオイル」「さばのスモーク」「さばのロースト ハーブオイル」の全6種類。そのなかから、特におすすめの3商品をピックアップしました。秋の食卓によく合いますよ♪

1. これぞ王道の味!「さばの味噌煮」

「さばのみぞれ煮」のパッケージ

Photo by akiyon

290円(税込)

「さばのみそ煮」は、1食分(1切平均90g)ずつパッケージされた冷凍食品。ノルウェー産のサバを、化学調味料や合成着色料、香料を使用せず国内で加工しています。

パッケージがシンプルで中身が見えるのが、無印の冷食のおすすめポイント。この “さばみそ” のタレの色味がとても魅惑的で、思わず手に取ってしまいましたよ。
皿に盛りつけたさばの味噌煮

Photo by akiyon

「魚のお惣菜」の食べ方は、種類によって違うので要注意。さばのみそ煮やみぞれ煮といった “煮物” は、湯せんか電子レンジで温めてからいただきます。

袋のまま8~10分湯せんで温めると、中からこのとおり、ツヤツヤのタレをまとったさばのみそ煮が現れました!千切りにしたしょうがを添えて、さっそく味見をしてみましょう。

こっくりしたタレの味わいがたまらない♪

箸で持ち上げたさばのみそ煮

Photo by akiyon

さばの身はふっくらやわらか、脂がのっていてしっとりとしていますよ。タレはしょうがの風味を感じる甘めのみそ味で、こっくりとろり♪

これぞまさにサバみその王道の味わい!老舗の料理店のつぎ足しだれのように、コクと旨味が抜群です。サバにタレがよく絡み、ご飯の上にちょっとタレをつければどんどん箸がすすみます。

ひと切れで、ご飯がお代わりできそうなボリューム感。冷凍庫にあったら、寄り道しないで帰ってきてしまいそうです。

2. 山桜のチップでスモーク「サーモンのスモーク ブラックペッパー」

「サーモンのスモーク ブラックペッパー」のパッケージ

Photo by akiyon

290円(税込)

サーモンのジャンルからピックアップしたのは、山桜のチップでスモークしブラックペッペーで仕上げた「サーモンのスモーク ブラックペッパー」。名前を見るだけで、どんな味わいなのか想像しやすいところが便利です。

チリ産のアトランティックサーモンを使用し、食塩などでシンプルに調味。ひと袋に入っている量は80gで、カロリーが170kcalと控えめなのがうれしいですよね。
皿に盛り付けたサーモンスモーク

Photo by akiyon

スモークやローストのジャンルは、冷蔵庫や水に入れて解凍し、そのままいただきます。パッケージを開けてみると、ほどよい大きさの切り身が5切れ出てきました。

スモークの香りがさりげなく、ブラックペッパーがまんべんなくついているのがわかります。いわゆるスモークサーモンとは違ったビジュアルで、厚切りで食べ応えがありそうですね。

ブラックペッパーがいいアクセント

パンにのせたサーモンのスモーク

Photo by akiyon

切り身の食感は、ふわっとしていてジューシー。脂がのったサーモンの味わいを堪能できます。ほのかな塩加減がちょうどよく、黒胡椒がいいアクセントに。

風味がよくて主張しすぎない味わいは、いろいろな料理にアレンジが可能です。マヨネーズとよく合うので、サンドイッチやパスタの具材としても楽しめますよ♪

3. オイルまでおいしい「さばのロースト ハーブオイル」

「さばのロースト ハーブオイル」のパッケージ

Photo by akiyon

290円(税込)

「さばのロースト ハーブオイル」は、ローストしたサバをバジルやパセリの風味のオイルに漬けた商品。ノルウェー産のサバを日本で加工、前出の2アイテムと同様、化学調味料、合成着色料など不使用です。

1袋に80g入り。水に浸けるか冷蔵庫に移して解凍し、そのまま食べられる洋風のお惣菜です。
皿に盛り付けたさばのロースト

Photo by akiyon

パッケージから出てきたサバは、たっぷりのオイルをまとってツヤツヤ。生臭さもいっさいなく、ハーブの香りがさわやかですよ。

味つけはほぼ食塩のみ。そのまま食べてもおいしそうですが、いろいろな調理アレンジの可能性を感じます。
1 / 2
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

akiyon

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう