最強ごはんのお供。コストコの売れっ子「韓国のりフレーク」は使い勝手も抜群

アメリカ生まれの会員制倉庫店「コストコ」。食料品から生活雑貨まで、低価格・高品質で手に入るのが魅力ですよね。この記事でご紹介するのは「韓国のりフレーク」。コストコ通のあいだでも、かなりリピーターの多い商品なんですよ。

2019年10月31日 更新

フライパンでさっと加熱すればもっとおいしい

のりフレークをフライパンで加熱しているところ

Photo by akiharahetta

もっとおいしく食べる方法のひとつをご紹介します。熱々の炊き立てごはん以外のものに振りかける場合や、冷たい食材と合わせる場合は、フライパンで軽く加熱してから使うといいですよ。

あらかじめ「韓国味付けのりフレーク」自体を温めることで、おいしさを最大限に引き出せます。

使い勝手抜群なのでアレンジし放題!

のりを使った料理アレンジ

Photo by akiharahetta

好きな量だけ振りかけられるからお手軽で、しかも塩味が薄めだからアレンジし放題!いろいろな食材にササっと加えて、いつもとはひと味違うメニューを楽しみましょう。

韓国味だから焼肉丼にぴったり

焼き肉丼とのり

Photo by akiharahetta

焼肉丼の中心部分を空けて「韓国味付けのりフレーク」をのせてみました。同じ韓国料理の焼肉とは相性がいいのも当然。おいしくもりもり食べられるだけでなく、のりの栄養も摂れるのでおすすめですよ。

たまごとの相性も抜群

目玉焼きとのりの丼

Photo by akiharahetta

たまごとのりって相性いいですよね。目玉焼きをごはんにのせて「韓国味付けのりフレーク」でぐるりと囲みます。

黄身を崩しながらトロリと絡めていただけば、シンプルながら最高の朝ごはんになります。

納豆にもよく合います

のり入りの納豆

Photo by akiharahetta

ネバネバで栄養たっぷりの納豆に投入してみました。納豆はタレや醤油とともにあらかじめよく混ぜておき、「韓国味付けのりフレーク」をあと入れすれば、サクサクとしたのりの食感も同時に楽しめますよ。

あともうひと品に「きゅうりの韓国のり和え」

きゅうりの韓国のり和え

Photo by akiharahetta

もうひと品欲しいとき、あっという間に作れる副菜は助かるもの。きゅうりにごま油と塩で下味をつけ、「韓国味付けのりフレーク」を和えればおかずが完成します。

きゅうりは切り方によって味の入り方に違いが出てくるので、工夫してみてくださいね。箸休めにぴったりですよ。
2 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

フードコーディネーター/akiharah

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう