ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

パーティーシーズンに使えるアイテム発見!

Photo by muccinpurin

早いもので、もう10月に突入。すでに、コンビニやパティスリーはかぼちゃ一色で、ハロウィンパーティーの予定が入っている方も多いのでは? 業務スーパーで見つけた「ビストロカナッペ」が、まさにパーティーにぴったりだったのでご紹介します。

トースター15分!「ビストロカナッペ」

Photo by muccinpurin

「ビストロカナッペ」438円(税込)
業務スーパーの楽しみは、行くたびにちょっとずつ新商品が登場しているところにあります。頻繁に業務スーパーに通う筆者も、「あ、この前なかった商品が入荷してる……!」と新しい発見をすることもしばしば。逆に、人気商品だといつのまにか品切れになっていることも……。 今回ご紹介するのは、冷凍食品コーナーで見つけた「ビストロカナッペ」。たい焼きや大判焼きに並んで、カラフルなパッケージがひときわ目を引いていました。

Photo by muccinpurin

箱を開けてみると、仕切りも何もなくひと袋にまとめられたパイが登場。よく言えば豪快、悪く言えば雑な感じ……。さすがフランスからの輸入品です。 とはいえ、冷凍してから袋詰めしているようで、そこまで形が崩れている様子はありません。

Photo by muccinpurin

袋から出してみると、3種類のカナッペがお目見えです。冷凍状態なのでまだ霜がついていますが、赤パプリカオリーブなど、カラフルで見た目もキュート。小ぶりなパイが13個も入っていました。 袋ひとつに詰められて、はるばるフランスから輸入された割に形が崩れているものはなく、ちょっぴり感動してしまいました。

おいしく焼くポイント

Photo by muccinpurin

食べるときは冷凍状態のまま、トースターで15分ほど焼きます。さっそく焼いて、試食してみましょう! おいしく焼くポイントは、しっかりとトースターを予熱しておくこと。このとき、鉄板も予熱しておくと、パイの底までパリッと焼きあがりますよ。鉄板が熱くなっているので、パイをのせるときはやけどに注意してくださいね♪

たった15分でサクッとカナッペが完成!

Photo by muccinpurin

トースターで焼くこと15分……。バターのいい香りとともに、サクサクのパイが焼きあがりました。トースターによって焼き時間が異なるので、10分を過ぎたら様子を見てくださいね。生地の生っぽい部分がなくなって、表面に香ばしい焼き色がつけば完成です。 ひと箱に3種類入っているので、皿に並べただけでこんなにも華やか!これはパーティーのスタートを飾るのにふさわしいフィンガーフードです。

リコッタ&ほうれんそう

Photo by muccinpurin

まず最初に食べたのは、鮮やかな緑色が印象的な「リコッタ&ほうれんそう」。焼きあがってもこの美しい緑色のままなので、食卓をグッと華やかな印象にしてくれます。 リコッタチーズの塩加減もほどよく、噛むほどにほうれん草の濃厚な味わいが口いっぱいに広がります。まわりにあしらわれているのは、黒いチアシード。このプチプチ食感も香ばしく、クセになる味わいです。 肝心のパイ生地は、トースターで焼いたとは思えないサクサク感。やはり、トースターと鉄板の予熱、大切です!

パプリカ&ブラックオリーブ

Photo by muccinpurin

ふたつ目に食べたのは、真っ赤な色がひときわ食欲をそそる「パプリカ&ブラックオリーブ」。一瞬トマト味かと思いましたが、この鮮やかな色は赤パプリカをペーストにしたもののようです。 火が通った赤パプリカは甘く、ブラックオリーブの塩気がベストマッチ!ちょっぴり塩加減が強めなので、白ワインやシャンパンが欲しくなります!
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS