10. キュートデザインが魅力♪「レコルト プレスサンドメーカー キルト」

ITEM

レコルト プレスサンドメーカー キルト

¥4,400〜

サイズ:(約)幅13×奥行23×高さ9.5cm 重量:約1kg 消費電力:600W

※2021年2月10日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
キュートなデザインとカラー展開の豊富さが魅力の「レコルト プレスサンドメーカー キルト」。ベージュやピンク、アイスグレーなど、やさしくてかわいいカラーがラインアップされています。縦置きにして、キッチンのアクセントにするのもアリ!

11. ワッフルも作れる「ビタントニオ ワッフル&ホットサンドメーカー」

ITEM

Vitantonio ワッフル&ホットサンドベーカー

¥8,800〜

サイズ:幅25.1×奥行24.3×高さ10.7cm 重量:約2.5kg 消費電力:900W

※2021年2月8日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
1999年、日本の調理家電ブランドとして生まれた「ビタントニオ(Vitantonio)」。そのビタントニオのホットサンドメーカーには、ホットサンド用・ワッフル用の2枚のプレートが付属しています。高温設計のため、外生地がカリッと焼けますよ♪

12. 別売りプレートで楽しさ広がる♪「ブルーノ ホットサンドメーカー」

ITEM

ブルーノ BRUNO ホットサンドメーカー

¥6,600〜

サイズ:幅26.1×奥行24.6×高さ9.6cm 消費電力:900W

※2021年2月8日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
レトロデザインがかわいらしいブルーノのホットサンドメーカー。標準プレートでは、2種類の料理を同時に作れるのが魅力的です。別売りプレートの種類も多く、そちらを使えばタルトやミニガトーなど、おしゃれなおやつも作れちゃいます♪

13. 具がたくさん挟める!「山善 具だくさん ホットサンドメーカー」

ITEM

山善 具だくさん 耳付きで焼ける ホットサンドメーカー

¥3,800〜

サイズ:幅14.5×奥行28.6×高さ11.1cm 重量:1.6kg 消費電力:420W

※2021年2月8日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
電気式ホットサンドメーカーのなかでもリーズナブルで人気が高い製品です。深めの作りになっているため、具がたくさん挟めるのが魅力的。チキンサンドやカツサンドも焼けます。また、パンの耳まで含めて焼けるため、耳を切り落とす手間も省けますよ♪

14. 縦置き可能でコンパクト収納。GVDV「ホットサンドメーカー」

ITEM

GVDV ホットサンドメーカー

¥4,580〜

本体サイズ:220×137×89mm プレートサイズ:123×133mm 重量:1.15kg(プレート含む)

※2021年2月1日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。
ハンドブレンダーや充電式カイロなど、生活に関するさまざまな家電を販売しているブランド、GVDV。ホットサンドメーカーはサンドイッチ用とワッフル用の2種類のプレート付きです。縦置きが可能な製品で、収納に困りがちなコンセントは背面に巻いて収納できるのでコンパクト!

自分のニーズに合ったホットサンドメーカーを選んでおいしい体験を♪

直火式のホットサンドメーカーは、自分で火力を調整でき、持ち運びに便利なのがメリットです。ご自宅の熱源がIHの場合は、しっかりと対応熱源をチェックしてから購入するようにしましょう。 電気式のホットサンドメーカーは、手軽に使えるのが最大のメリット。テーブルに置いてタイマーをセットすれば簡単に作れるので、家族や仲間とワイワイ楽しむのにも向いています。収納スペースと製品サイズも検討しながら、ベストな1台をチョイスしましょう!
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ