ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

チーズのドレッシングってどんな味!?

Photo by muccinpurin

皆さんは、ドレッシングを選ぶときにどんな基準で選びますか?筆者はなるべく飽きないように、テイストの違うものを選ぶようにしています。 カルディで取り扱っている「アトリエ・ド・フロマージュ ンオイルドレッシングカマンベール」は、ドレッシングではあまり見かけることのない、チーズをベースにした贅沢なドレッシング。ちょっと強気な価格ですが、カルディではひそかな人気なんだそう。 気になるそのお味を、実際にチェックしてみました。

強気価格も品切れ続出「カマンベールドレッシング」

Photo by muccinpurin

「アトリエドフロマージュ ノンオイルドレッシングカマンベール」645円(税込)
数々の魅力的な食材のなかでも、ドレッシングの種類が特に豊富なカルディ。サラダ好きのあいだでは、ほかのお店では手に入らない珍しいものがそろうと、一目置かれた存在なんです。 今回ご紹介する「アトリエドフロマージュ ノンオイルドレッシングカマンベール」もそのひとつ。おつまみとしてよく食べられるカマンベールを使った変化球ドレッシングです。

Photo by muccinpurin

カマンベールドレッシングを作っているのは、長野県に本店を持つチーズ専門店「アトリエドフロマージュ」。「おいしいカマンベールを作りたい!」という想いのもと、1982年に創業したチーズのプロ中のプロが作っているから、その味わいは本格的です。 乳白の見た目はまるでフレンチドレッシングのようですが、キャップを開けた瞬間の香りが、まさにカマンベール!白カビを付けた独特の香りは、ドレッシングになってもしっかり感じることができます。 しかも、ノンオイルというところがとても健康的ですよね。「からだのために野菜を摂りたいけれど、ドレッシングに含まれているたくさんのオイルが気になる……」という方にもぴったりですよ。

使い方アイデア①ホットサラダ

Photo by muccinpurin

まずは王道、ホットサラダにかけてみました。かぼちゃをはじめ、さつまいもやさといもなど、冬の野菜はホットサラダにあうものが多く、これならすぐに試せそうですね。 ドレッシングはほんのりと酸味を感じ、そのあとすぐにカマンベール特有のコクが押し寄せます。「チーズだし、味が濃すぎるんじゃないかな……」と心配していたんですが、醸造酢とレモン汁で上手にバランスを取っているようで、まったくくどさはありません。 カマンベールドレッシングを使えば、野菜嫌いでもおいしくサラダが食べられそうです。

使い方アイデア②巣ごもりトースト

Photo by muccinpurin

千切りにしたにんじんを鳥の巣に見立て、卵を落としてこんがりとトースト。仕上げにカマンベールドレッシングをたっぷりとまわしかけて、ごちそうトーストの完成です! ドレッシングのしっかりとした味のおかげで、バターもスプレッドも必要なし!粗挽きのブラックペッパーをかけると、全体の味が引き締まってよりおいしくなりますよ。 チーズのクセもそこまで強すぎないので、野菜の旨みも存分に堪能できます。卵やパンとの相性も抜群なので、朝ごはんにぜひ試してみてくださいね!

チーズドレッシング、侮れないおいしさ♪

Photo by muccinpurin

ノンオイルドレッシングというと、和風味に偏ったり、さっぱりしすぎて満足度が低かったりと、おいしさを諦めなくてはならない場面も多かったはず。 カルディの「カマンベールドレッシング」は、ヘルシーとおいしいが両立する、誰もに愛されるドレッシングでした。 今回のアレンジのほかにも、パスタに和えたりお肉のソースに使ったりと、多くの料理に応用が効きそうです。
※本記事は個人の感想に基づいたものです。味の感じ方には個人差がありますのでご了承ください。

商品情報

■商品名:アトリエドフロマージュ ノンオイルドレッシングカマンベール ■価格:645円(税込) ■内容量:210ml ■カロリー:15gあたり21kcal ■販売場所:全国のカルディ各店 ※店舗によって、お取り扱いのない場合がございます。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS