ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

ダッチオーブンの素材

鋳鉄製

ダッチオーブンといえば鋳鉄(ちゅうてつ)製を思い浮かべる方も多い、王道の素材です。蓋が重たいので密閉度が高く、水分を逃さず調理できるのが特徴です。煮物、焼き物、燻製や揚げ物など、どんなお料理にも使える万能性が魅力。 水分が残っているとサビやすいため、ほかの素材に比べてお手入れに気を遣うのも鋳鉄製ならでは。洗剤や金属製のたわしを使わずに洗い、しっかり乾かすと長年使うことができます。使い込むごとに黒く光る様子は、鋳鉄製ダッチオーブンの醍醐味。

黒皮鉄板製

「黒皮(くろかわ / こくひ)」とは、鉄を1,200℃ほどに加熱し伸ばして作られる素材です。鋳鉄に並ぶほど高い熱伝導率がありますが、さびにくく洗剤や金属製たわしも使えるのでお手入れが楽なのが特徴です。使い終わったあと急激に冷ましても割れにくいので、デイキャンプなどにもおすすめ。本格的なダッチオーブンを初めて使う方にも人気がある素材です。 また、使い込むと表面の色が黒からグレーに変化するのも黒皮鉄板製の特徴。長く大切に使いたい方は、ぜひ選んでみては?

ステンレス製

家庭用のお鍋と同じように使えるのが「ステンレス製」のダッチオーブンです。ダッチオーブンは重たいものが多いなか、ステンレス製は軽いので女性でも持ち運びしやすい点も人気です。女子同士のキャンプやBBQに重宝しそう。 サビにも強いので、前日に作ったお料理をそのまま入れておき、翌朝温め直すという使い方もできますよ。 お手入れも、いつものお鍋と同じ扱いでOK。食器用洗剤で洗って拭くだけですから、ダッチオーブンビギナーさんや、お手入れに時間をかけたくない方にもおすすめです。

ダッチオーブンのサイズ

ダッチオーブンの主なサイズは8インチ(約20cm)、10インチ(約25cm)、12インチ(約31cm)です。 3~4人用なら、10インチを選ぶと使いやすいですね。アウトドア以外にご家庭で使う時も調理しやすいサイズかと思います。 また、アウトドアの人気料理、ローストチキンやローストポークなどお肉を塊や丸ごと焼きたいときなど、豪勢なアウトドアレシピを楽しみたいなら12インチがおすすめ。 8インチは、少人数での使用や2台目として使う方が多いサイズ。使用する人数や、作りたいお料理などをイメージして選ぶと失敗が少ないですよ。

ダッチオーブンの機能

鋳鉄や鉄のダッチオーブンはIHでも使用できるので、キャンプに行かないときも、おうちのキッチンで本格的なローストチキンなどが作れます。 また、先ほどご紹介したように、ステンレス製なら食器用洗剤が使用できます。ダッチオーブンの素材によってお手入れ方法が違いますから、使うシーンをイメージしながら選んでみてはいかがでしょうか?
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS