ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

決戦の火曜日!クリエイティブクッキングバトルに参戦

Photo by macaroni

去る2019年8月13日(火)は、私たちmacaroni編集部のスタッフ(一部)にとっての決戦の日でした。
昨年第1回が行われ、今年が2回目となる“エンターテイメント型フードロス解消イベント”「クリエイティブ・クッキング・バトル」、予選 第2試合の開催日がその日だったのです。

クリエイティブ・クッキング・バトルって?

正式な開催は2度目というイベントですから、昨年の盛り上がりを知らない方も多いのでは。クリエイティブ・クッキング・バトルとは、ひと言でいえば料理バトル。3〜4名からなる複数のチームが制限時間の中で料理を作り、優劣を競います。 ただし、審査の対象となるのは味ばかりではありません。
このバトルでは、家庭で余っていた食材を各チームのメンバーが持ち寄り、その場で分配、その場に用意された調味料のみを使って45分の時間内で料理を作ります。審査基準は、おいしさ見た目アイデア、そして残った生ゴミの量
ルールを見て、私たちmacaroni編集部員もこのイベントに興味を持ちました。フードロスが大きな社会問題として取りざたされる現代です。グルメメディアのスタッフとしては、これはぜひとも参加したい。

macaroni編集部チームの精鋭たち

Photo by macaroni

参加表明した4名。元パティシエ、ブランドマネージャー、料理(歴15年)男子、野菜ソムリエの資格持ちと、なかなかの精鋭ぞろいです。
専属の料理家も複数在籍しているmacaroni編集部ではありますが、今回はそうしたプロの手を借りずに挑戦。とはいえ、侮るような気持ちなく、どのメンバーも真剣そのもの。もちろん勝つ気はマンマンです。

クリエイティブ・クッキング・バトル、開戦!

Photo by macaroni

そして当日–––。
料理バトルの会場となったのは、東京・恵比寿ガーデンプレイスにある、クックパッド(株)本社のキッチンラウンジ。
macaroni編集部(トラストリッジ)チームの対戦相手はTHE_B、3ミニッツ、バロックジャパンリミテッドの3社。競技をはじめる前に各チームの代表者があいさつをしたのですが、食のプロ、前回大会参加者がメンバーとなっているチームもあり、負けず劣らずの強豪ぞろいです。

食材分配は早いもの勝ち

今回、macaroni編集部チームのメンバーが持ち寄った余り物がこちらです。 ホルモンの缶詰、はるさめ、カップスープ、オイルサーディン、そば、ツナ缶、生しょうが、ハリッサ(!)と、料理に使う食材としてはとがったものが多数を占めています。実は、自チームのメンバーが用意した食材は使えないというルール。これらが他のチームによってどう生かされるのか、気になるところです。 参加チームが持参した余り物をテーブルにまとめ、いっせーのせ!で動き出した各チームが奪い合うことで食材の配分が行われます。
5分間の作戦会議が終わり、合図とともに各チームのメンバーが一斉に走り出しました。男女入り乱れてテーブルの上に飛びつき、食材を奪い合います。
奪い合いがひと段落した後、どのチームにも選ばなかった食材がランダムで配られ、最終的に確保したのが上画像の食材(パプリカ、ズッキーニ、なす、アボカド、白菜、牛乳、チーズ、卵、コーンスープの素、タイカレーペースト、カレー粉、そば、えび、豆腐、豚ひき肉)です。
種類も量も十分。問題は余さず使い切れるかどうかです。たとえば白菜などの大きな野菜は使い切るのに骨が折れそう。

Photo by macaroni

2度目の作戦会議の結果、macaroni編集部チームの方針は「レンジを活用する」に決まりました。制限時間を意識して、効率良く調理しようという考えです。加熱にレンジを使う時短料理はmacaroniでもよく取り上げていますが、仕事で蓄積したノウハウを生かすことはできるのでしょうか。

制限時間は45分!バトルスタート

Photo by macaroni

公式MCのクック井上さんが前に出て、バトルのスタートを宣言しました。 事前に割り振られたキッチンスペースへ走り出す各チーム。目的の場所にたどり着くなり食材を広げ、下ごしらえを始めます。

Photo by macaroni

オーブン、ミキサーなどの大物調理家電はもちろん、包丁やまな板も人数分はありません。いろいろと縛りのある状況、どこもかしこもバタバタとして、作ろうと決めた料理をそろえることさえ簡単ではなさそう。
それでも、メンバーと声を掛け合いながら、協力して調理を進めていく4チーム。グループで料理をするのははじめてという参加者が多いはずですが、どこもなかなか息が合っています。

Photo by macaroni

残り時間10分を過ぎて、ようやく完成した料理をテーブルに並べていくmacaroni編集部チーム。他のチームも続々と料理を仕上げはじめています。
残り10秒からのカウントダウンが進む中、macaroni編集部チームのメンバーが最後の料理を急いでテーブルに置いたところで、ついにタイムアップ。ドタバタの熱戦に終止符が打たれました。
Photos:16枚
バトル終了後の集合写真
macaroni編集部チームの面々と大会公式MC クック井上さん(一番左)。一騎当千の精鋭揃い?
クリエイティブ・クッキング・バトルの会場
作戦会議中のmacaroni編集部チーム
バトルスタートを宣言するクック井上さん
クリエイティブ・クッキング・バトルの調理風景
急いで仕上げの作業を行うmacaroni編集部チーム
各チームが作った料理
料理についてのプレゼンシーン
結果発表
決定的だったゴミの量
優勝チームにトロフィーが授与される
macaroni編集部チームが作ったアボカドとチーズのムース風
クリエイティブ・クッキング・バトル 大会公式MC クック井上さん
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS