ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ポルトガル料理の特徴とは

大西洋に面した国「ポルトガル」。日本や中国など、東アジアと最初に接触を持ったヨーロッパの国と言われています。美食の国としても知られており、大西洋で獲れる新鮮な魚介類がふんだんに使われたお料理が特徴。 また、ポルトガルはヨーロッパで一番ごはんを消費する国とも言われているので、日本人も食べやすいメニューが多いと評判なんです。

使われる代表的な食材

ポルトガルではタラやエビ、タコ、イワシなどの魚介類が多く食べられます。グリルで焼いたり、煮たり、揚げるなど、シンプルに調理されることが多いです。お肉はチキンや豚肉、牛肉、モツなどが主流で、焼いたり煮たり、塩漬けにするなど、素材そのものの味わいを楽しめるアレンジになっています。 また、味付けにはコリアンダーやパセリといったフレッシュハーブを使うことが多いのも特徴です。

代表的なポルトガル料理【肉料理】

1. フランセズィーニャ

ポルトガル北部の名物料理「フランセズィーニャ」。ハムやチーズ、お肉にラードなどを挟んだサンドイッチで、ボリューム感と濃厚な味わいを楽しめるお料理。最後に目玉焼きやとろけるチーズをのせる場合もあって、食べ応えがあり!お値段もお手頃で、現地では若い人に人気のメニューだそう。

2. カルネ・ド・ポルコ・アレンテジャーナ

大西洋のおいしいアサリと、農家が多いアレンテジャーナ地方の豚肉が一緒に味わえる炒め物。ポルトガルでは定番のメニューになっています。味付けの決め手はコリアンダー。貝とお肉の旨味、そしてコリアンダーの風味で、ちょっぴりエキゾチックな味わいが面白くてクセになります。

3. コジード・ア・ポルトゥゲーザ

主に冬に食べられる煮込み料理。具材は豚のいろいろな部位のお肉を始め、牛肉やチョリソー、お野菜、豆、お米など具沢山!味付けは塩とお水だけなので、シンプルで、素材の旨味をしっかりと味わうことができます。ポトフのような、雑炊のようなメニューです。

4. トリパシュ

トリパシュは、ポルトガルのもつ煮込み料理。牛の胃、白インゲン豆、ベーコンが入った、ポルトガルの庶民の味として愛されています。味付けのポイントはポルトワインを使っていること。付け合わせは白いごはんが付いてくるので、日本人にも食べやすいメニューですね。
Photos:9枚
フランセズィーニャ
トリパシュ
カタプラーナ
バカリャウ・ア・ブラス
パステイシュ デ バカリャウ
サルマォン・グレリャード
アローシュ デ パト
アローシュ コン マリスコス
アローシュ・デ・ポルボ
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS