ライター : いとう まさと

フードライター / 食文化ライター

日本のもの・文化・食のおもしろさや良いところを伝えるべく、食分野や教育分野の記事を執筆中。日々、おもしろいもの、素晴らしいものを探しつつ、みなさまのお役に立てる情報をお届け…もっとみる

コブダイってどんな魚?

Photo by Snapmart

コブダイは東北以南の太平洋側や、日本海側で見られる海水魚です。その名のとおり、コブダイのオスの頭には、まるでリーゼントのような大きなコブがついています。タイという名前がついていますが、マダイやクロダイとは異なりベラの仲間に分類される魚です。 ベラの仲間のなかでは最大級の大きさをもち、全長は1mを超えます。大きく発達した顎は、カニやウニなどの固いカラを砕けるほど強いんですよ!

メスからオスに!? 驚きの生態

驚くべきことに、コブダイは生まれるときはすべてメスとして誕生します。コブダイは群れを作って生活していますが、そのなかでもっとも大きい1匹だけがメスからオスに変化するんです! 「ハーレムの王」となったオスには大きなコブができ、メスの群れを率いて行動します。また、コブダイのオス同士は縄張り意識が非常に強く、激しく争い合うこともあるそうです。

おもな産地と旬の時期

コブダイのおもな産地は瀬戸内海に面した徳島県や香川県、愛媛県、岡山県など。そのほか九州など西日本を中心に漁獲されています。漁獲量自体は少ないですが、関東や北陸でも漁獲されるようです。 別名「寒鯛」とも呼ばれるように、旬の時期は冬だといわれています。しかし、春の産卵後以外は味があまり落ちないので、夏や秋でも十分に楽しめるでしょう。

やっぱり気になるコブダイの味

さきほどもお伝えしたとおり、コブダイの旬は冬。この時期になるとベラ特有の磯臭さが消え、味が非常によくなります。その味わいはマダイにも負けず劣らず上品!繊維質で締まった身を薄く切って刺身として楽しむほか、しゃぶしゃぶにするのもおすすめです。 このほか、煮付けやムニエル、唐揚げなど、いろいろな料理に活用できます。また、強靱な顎を支えるホホ肉は、歯ごたえたっぷりの珍味!さまざまな部位をおいしく食べられるのも、コブダイの魅力です。

コブダイのコブの部分は食べられる?

さて、気になるのは「コブ」の部分。せっかくだから食べてみたいと思うのが人情ですが……残念ながら、こちらは脂っぽくてあまりおいしくないようです。どうしても食べたい場合は、身の部分と一緒に「たたき」にするのがおすすめ!とろっと濃厚な味わいが楽しめるそうです。

コブダイは釣り魚としても人気

コブダイは流通量が少ないので、食べてみたい場合は釣りで狙うのがおすすめ!じつはイシダイと並び、コブダイは大物釣りのターゲットとして有名なんです。 コブダイは一年中狙えますが、味を重視するなら寒い時期に狙いたいところ。釣りやすさを重視するなら、水温が上がって活性化する夏から秋がおすすめです。 太平洋側のおもな釣り場は茨城県以南。また、日本海側では佐渡島北部から東北エリアには、大型のコブダイが生息しているようです。 コブダイは磯釣りのほか、ボート釣りや堤防や海釣り公園などでも狙えます。磯釣りの場合は、イシダイ釣りで用いるような頑丈な道具、仕掛けを使うのが一般的。また、瀬戸内海・広島エリアでは、牡蠣を餌にする「かぶせ釣り」が人気です。
Photos:1枚
水槽のなかで悠々と泳ぐコブダイの姿
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS