生まれたときはみんなメス!? コブダイの奇妙な生態に迫る

コブダイはその名から想像できるとおり、頭に大きなコブのようなものがある魚。見た目だけでなく、その生態にも驚くべき事実が隠されています。今回は世にもめずらしい魚・コブダイの生態や産地、気になる味わいについてご紹介!はたして、コブダイの「コブ」は食べられるのでしょうか?

2019年7月23日 更新

コブダイのコブの部分は食べられる?

さて、気になるのは「コブ」の部分。せっかくだから食べてみたいと思うのが人情ですが……残念ながら、こちらは脂っぽくてあまりおいしくないようです。どうしても食べたい場合は、身の部分と一緒に「たたき」にするのがおすすめ!とろっと濃厚な味わいが楽しめるそうです。

コブダイは釣り魚としても人気

コブダイは流通量が少ないので、食べてみたい場合は釣りで狙うのがおすすめ!じつはイシダイと並び、コブダイは大物釣りのターゲットとして有名なんです。

コブダイは一年中狙えますが、味を重視するなら寒い時期に狙いたいところ。釣りやすさを重視するなら、水温が上がって活性化する夏から秋がおすすめです。

太平洋側のおもな釣り場は茨城県以南。また、日本海側では佐渡島北部から東北エリアには、大型のコブダイが生息しているようです。

コブダイは磯釣りのほか、ボート釣りや堤防や海釣り公園などでも狙えます。磯釣りの場合は、イシダイ釣りで用いるような頑丈な道具、仕掛けを使うのが一般的。また、瀬戸内海・広島エリアでは、牡蠣を餌にする「かぶせ釣り」が人気です。

見た目のインパクトに躊躇しちゃう?でもコブダイは一度は食べてみたい魚!

まるでリーゼントのような頭のコブ、大きな顎にメタリックグリーンの瞳……一見すると非常に奇抜な見た目のコブダイ。その特異な生態とあいまって、気にせずにいられない不思議な魅力を放っています。

見た目にインパクトがある魚ですが、寒い時期のコブダイは磯臭さが抜け、非常に上品な味わいです。刺身のほか、しゃぶしゃぶ、唐揚げ、ムニエルなど、いろいろな料理で楽しめる魅力的な食材です。味わいが気になるなら、釣りで狙ってみるのもアリかも!?
2 / 2

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう