連載

梅雨はお家で楽しむ♪子どものうめ仕事【ひとりでできたよ vol.11】

子どもが作る梅シロップの作り方をご紹介します。漬け込んで数ヶ月待つ必要のある梅仕事も、ある食材を使えば1ヶ月へ短縮!この連載は子ども料理教室「リトルシェフクッキング」主宰の武田昌美先生監修のもと動画とレシピ、ポイントを含めて分かりやすく解説。料理を通して子どもの成長を応援します。

2020年2月20日 更新

ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

子どものうめ仕事

Photo by macaroni

梅雨のじめじめした季節、どう過ごしていますか?旬の青梅がスーパーに並ぶと、毎年梅酒や梅シロップを作るという方、多いのではないでしょうか。 この時期大きな瓶に漬け込む梅は、子どもでも簡単にできるお仕事。漬け込んでから3ヶ月は待つ必要のある梅シロップですが、子どもが待ちきれず、「まだ食べられないの〜?」なんてこと、想像できますよね……!そんな時は、氷砂糖と一緒に上白糖を使うと、早く溶けて完成時期を早めることができますよ。ぜひ参考にしてみてください。 子ども料理教室「リトルシェフクッキング」については、下記をご覧ください。

うめシロップの作り方

Photo by macaroni

材料

・青梅……1kg ・氷砂糖……250g ・上白糖……250g

用意しておく道具

・煮沸消毒した保存瓶 ※事前に大人が準備しておいてください。

作り方

Photo by macaroni

青梅をやさしく洗います。
ポイント1 梅が傷つくと傷む原因になるので、そっと洗います。

Photo by macaroni

ザルにあけて、キッチンペーパーで水気を拭き取ります。
ポイント2 水気をしっかり拭き取ることで、梅が傷みにくくなります。

Photo by macaroni

爪楊枝でヘタの黒い部分を取り除きます。

Photo by macaroni

さらに爪楊枝で10ヶ所ほど、穴をあけます。 ポイント3 穴を開けることで、梅エキスが出やすくなります。

Photo by macaroni

保存瓶に青梅、氷砂糖、上白糖を交互に入れていきます。

Photo by macaroni

すべて入れ終わったら、保存瓶のふたをしっかり締めます。
冷暗所に1ヶ月保管して、できあがりを待ちます。

数日経ってエキスが出てきたら瓶を振り、これを繰り返しおこない、青梅が浮いてきたら完成です。

梅ジュースで梅雨のじめじめを吹き飛ばそう

Photo by macaroni

じめじめとした季節は、口当たりさっぱりと飲める梅ジュースでリフレッシュ♪炭酸水で割って飲めば、より爽快な気分になります。 梅雨が過ぎ、夏の暑い時期になれば、かき氷のシロップとして活用するのもおすすめです。 次回はこの梅シロップを使って七夕ゼリーを作ります。飲み物以外にスイーツにもアレンジすれば、楽しみ方が広がりますよ♪お楽しみに。
Photos:9枚
青梅を漬け込んだ瓶
テーブルに並べられた、梅と氷砂糖と上白糖
青梅を水道水で洗う
キッチンペーパーで青梅の水気を拭き取る
青梅のヘタを爪楊枝で取り除く
青梅に爪楊枝で穴を指す
保存瓶に青梅、氷砂糖、上白糖を入れる
保存瓶の蓋を閉める
グラスに入れた梅ジュース
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS