ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

セブンから食べるタピオカアイスが登場!

Photo by muccinpurin

“タピ活” “タピる” という言葉が生まれるほど、昨今ブーム再燃中のタピオカドリンク。ショップの前にはタピオカを買う長い列ができ、スーパーでは商品が消えるほど、タピオカ熱が沸騰しています。 タピオカブーム真っ只中のいま、セブン‐イレブンではなんとタピオカがアイスになって登場。「タピオカ杏仁白くまバー」と、ネーミングからしてすでにおいしそう……♪ 「タピオカ杏仁白くまバー」で飲まないタピ活をしてみました!

飲まないタピオカってどんな味?

Photo by muccinpurin

321円(税込)
すでに夏の定番アイテムになっている白くまアイス。かき氷のさっぱり感と練乳の自然な甘さが暑い夏でもおいしく食べられるんですよね。 そんな夏の風物詩ともいえるアイスが、いまブーム真っ只中のタピオカとコラボしたのがセブン‐イレブンの「タピオカ杏仁白くまバー」です。 しかも、ただの白くまアイスではなく、杏仁風味というからさらにプレミア感が増しています!

Photo by muccinpurin

1箱に5本入りで300円ほどなので、おやつに食べるにはちょうどいい価格帯です。 袋から出してみると、アイスのなかに入っているタピオカやフルーツがちょっぴり透けて見え、ワクワクが止まりません!なにしろ筆者は、これまでタピオカはミルクティーとともに飲んだことしかなく、アイスのように冷凍のまま食べたことがないのですから。 さっそく、いただきます!!

もちもち、ふにふに不思議な食感!

Photo by muccinpurin

外からはあまり見えなかったタピオカが、カットしてみて初めて顔を出しました。これこれ、いつもタピオカ入りのミルクティーに入っている、黒くてまんまるなパールタピオカです。アイスにはパイナップルや黄桃などのフルーツが散りばめられています。 アイスそのものも冷凍庫から出したてだというのに、カチカチではなく食べやすい固さになっていて、例えるなら冷凍したゼリーを食べているような感覚です。 肝心のタピオカはというと、カチカチではなくもちもちのふにふに。さっきまで冷凍庫に入っていたはずなのに不思議です!

Photo by muccinpurin

太いストローでつるつるん!と飲むタピオカもいいですが、こうしてアイスに入っているとじっくりと味わえて、これはこれでアリです。 杏仁アイスも甘さ控えめながら、バニラやミルクアイスとは違った濃厚さがあり、アジアつながりのタピオカととてもよくマッチしています。 パイナップルや黄桃のシャリっとした食感もアイスのアクセントになっていて、これからの暑い季節にぴったりなアイスでした。

食べるタピ活、はやりそうな予感…!

Photo by muccinpurin

タピオカが入ったセブン‐イレブンの新感覚アイス「タピオカ杏仁白くまバー」をご紹介しました。 ミルクティーと一緒に飲むものだとばかり思っていたタピオカが、アイスと合わさってもまったく違和感はなく、アジアつながりの杏仁ともいいコンビのおいしいアイスでした。 夏のお供に、タピオカ入りの杏仁白くまバーはいかがですか?
※掲載商品の情報は公開時点のものです。店舗によっては取り扱いがない、または販売終了している場合もありますのであらかじめご了承ください。

商品情報

タピオカ杏仁白くまバー ■内容量:5本 ■価格:321円(税込) ■カロリー:1本(55g)あたり69kcal
Photos:6枚
タピオカ杏仁白くまバー
タピオカ杏仁白くまバー
アイスバー
カットしたアイスバー
タピオカバー
タピオカアイス
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS