デザインの出発点は漆のお椀。シーンを選ばない「STORE」の蓋つき容器

マルチに活躍してくれる「STORE」の蓋つき容器。そのデザインの基となっているのは、古くから日本の生活の中にあった漆のお椀です。その形や素材を変えることで、伝統的な美しさと現代の暮らしに馴染む便利さの両方が合わさった新しいプロダクトが生まれました。

2019年5月22日 更新

さまざまなシーンで活躍する多目的容器

この記事は、私らしく、もっと輝く。 - ライフスタイルマガジン「Sheage」の提供でお送りします。
「SEKISAKA」は、福井県鯖江市の河和田地区で約300年漆器業を営んできた関坂漆器と国内外で活躍するデザイナーとの協働で商品開発をするプロダクトブランド。

イギリスを拠点としているデザインスタジオ「Industrial Facility」とのコラボにより生まれたのが、寝室やバスルーム・キッチン・オフィスなど、さまざまな場所で活躍する多目的容器を展開する「STORE」です。

デザインの出発点は、日本の象徴ともいえる伝統的な漆器のお椀。その形を縦に伸ばしたような「 Round」タイプと、横幅のある「Oval」タイプの2種類があり、それぞれ2サイズずつ展開されています。

ナチュラルカラーが魅力の「スタンダード・エディション」

こちらは、ナチュラルなカラー展開の「スタンダード・エディション」。わたしたちの身の回りにあるプラスチック製品にも数多く使用されているABS樹脂という素材で作られていて、その上にウレタン塗装を施してあります。

本体のナチュラルカラーによく合う木製の蓋も、同じくウレタン塗装仕上げ。水をはじき、少しの汚れなら簡単に拭き取れるのでお手入れが楽ちんです。

形によって使い方はさまざま

左:Short Round/Rock 3,672円(税込)左:Short Round/Rock 3,672円(税込)

左:Short Round/Rock 3,672円(税込)左:Short Round/Rock 3,672円(税込)

蓋にシリコンパッキンがついているRoundタイプは、コーヒー豆やお茶の葉・調味料など密閉して保存したいものの収納にぴったり。一方Ovalタイプの蓋にはシリコンパッキンがついていないので、蓋をトレーとして使用することもできます。

例えば写真のように、いつでも取り出しやすくしておきたい綿棒などは本体に入れ、蓋はブラシ置きにするのもいいですね。RoundタイプもOvalタイプも、あなた次第で使い道が広がります。

よりお椀のイメージに近い「スペシャル・エディション」

Short Round/Red Top 4,968円(税込)

Short Round/Red Top 4,968円(税込)

こちらは、ウレタン塗装の高度な技術により黒色と朱色に塗り分けをしている「スペシャル・エディション」。より日本のお椀のイメージに近く、上品な和の雰囲気が感じられるシリーズです。

蓋の部分は、木目を生かして着色。これまでになかった新しい形の日本の器を、日々の暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

現代の暮らしの中でマルチに活躍します

古くから日本の生活の中にあった伝統的なお椀の形を変え、現代のあらゆるライフスタイルに馴染む便利な収納容器として生み出されたSTOREのプロダクト。食品を入れたり生活用品を入れたりと、マルチに活躍してくれます。置いておきたい場所や用途に合わせて、ぴったりな形を選んでくださいね。
photo / SEKISAKA
取材協力
SEKISAKA
提供元:
▼そのほか、おすすめの器はこちら
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

Sheage(シェアージュ)

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう