7. 麻辣味がたまらない「麻婆豆腐」

500円(税抜)お持ち帰り可
豚ひき肉を豆板醤でじっくりと炒めてスープを加え、とろみをつけて豆腐と絡めた麻婆豆腐も、四川系中華料理の定番メニューですね。ピリッとした山椒と唐辛子の麻辣味が、麻婆豆腐ファンにはたまらないと評判の料理。ご飯との相性抜群なためたいへん人気があります。

8. 3種類の餡から選べる「天津飯」

480円(税抜)お持ち帰り可
こちらの看板である餃子と炒飯、それに次ぐ売れ行きを誇るメニューです。カニの身入りふんわり玉子焼きがのったご飯に、中華餡をかけた天津飯は、お子さんから年配の方まで世代を問わず人気。風味の異なる3種類の餡から選べるうえ、チーズのトッピングもできます。

9. ピリ辛甘酢「海老のチリソース」

620円(税抜)お持ち帰り可
日本では麻婆豆腐と並ぶ四川料理の定番、海老のチリソースもたいへん人気が高い料理ですね。ケチャップが入っているのは日本独特だそうですが、たっぷりの白ねぎのみじん切りが入ったおなじみの味わい♪こちらも高カロリーなので、ジャストサイズをおすすめします。

10. 甘めの味噌が決め手「回鍋肉 」

480円(税抜)お持ち帰り可
公式HPでは回鍋肉となっていますが、「肉とキャベツの味噌炒め」とわかりやすく表記しているお店もあります。甜麵醤と味噌をブレンドした甘辛い味付けで、豚肉とキャベツをおいしくいただけると評判。意外と低カロリーですので、特に女性におすすめのメニューです。
※餃子の王将は関東や関西、九州など地域によって価格が異なるため、本記事では関東エリアの価格を掲載しています。くわしくは上記の公式HPをご覧ください。

餃子の王将は野菜メニューがおすすめ♪

京都に本社があることから、京都王将とも呼ばれる「餃子の王将」。安定のおいしさとお手頃な価格でいま人気のお店ですが、中華料理だけに女性にとっては、どうしてもカロリーが気になるところです。 そんな場合にはやはり野菜中心のメニューを選んだり、スープなどと組み合わせるのがおすすめ♪また代表的な料理にはジャストサイズという、量が半分ほどのメニューもありますので、友だち同士でいろいろと注文して楽しむのもいいですね。
※記事の内容は、公開時点の情報です。記事公開後、メニュー内容や価格、店舗情報に変更がある場合があります。来店の際は、事前に店舗にご確認いただくようお願いします。
▼よろしければこちらの記事もご覧ください
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ