ライター : 土田 綾乃

管理栄養士

「人との出会い、繋がり」を最も大切にしている旅好きな管理栄養士。海外一人旅、観光地での勤務をきっかけに、海外の方にもっと日本を知ってほしいと思うようになり、専門を和食、日本…もっとみる

枝豆に多く含まれる栄養素と働きは?

たんぱく質

枝豆には、100gあたり11.7gのたんぱく質が含まれています。たんぱく質を構成するアミノ酸の中で、体内で合成できないアミノ酸を「必須アミノ酸」と呼びます。枝豆は必須アミノ酸をバランスよく含んでいるため、良質なたんぱく質源と言われています。

たんぱく質は炭水化物、脂質とともに三大栄養素のひとつ。生命の維持に欠かせない筋肉・臓器・皮膚・毛髪などを作ったり、ホルモン・酵素・抗体などの材料になったりする重要なはたらきがあります。(※1,2,3)

食物繊維

枝豆には、100gあたり5.0gの食物繊維が含まれています。

食物繊維は水に溶ける水溶性と、溶けない不溶性に分けられます。枝豆に多く含まれる不溶性食物繊維は、便のかさを増やす作用がありますよ。また、腸内環境を整えるはたらきもあります。(※1,4)

葉酸

枝豆には、100gあたり320μgの葉酸が含まれています。葉酸はビタミンB群に属する水溶性のビタミン。赤血球の形成に関わっているため、血液を作るのに役立ちます。

ほかにも、DNAをつくるサポートをしていることから妊娠中に必須の栄養素ともいわれ、妊娠前から摂取することがすすめられています。(※1,5)

ビタミンC

枝豆には、100gあたり27mgのビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、皮膚や細胞のコラーゲンを作る際に必要な栄養素。皮膚のメラニン色素の生成を抑え、ストレスやかぜなどの病気に対する抵抗力を高める作用がありますよ。(※1,6)

カリウム

枝豆には、100gあたり590mgのカリウムが含まれています。

カリウムには、体内のナトリウムの排出を促進するはたらきがあるため、血圧の調整に役立ちます。また、神経伝達や筋肉の興奮伝導に関わっており、さまざまな作用がありますよ。(※1,7)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS