ライター : きく

ここ数年、海外を転々、旅暮らし中のフリーライター。 30代女性向けメディアを中心に活動中。

ハッカ油とは

ハッカ油の原料となるハッカは、ミントの一種。北海道の北見市が世界的にも有名な産地となっている植物なんです。そのハッカを蒸留、精製したものが、今回ご紹介するハッカ油になります。 芳香剤や虫よけとして使われることはよく知られていますが、主原料をハッカのみ使用して作られたものは、天然添加物なのでお料理に使うこともできます。

ハッカ油の作り方

必要なもの

・ハッカ油……数滴 ・精製水……90ml ・無水エタノール……10ml ・スプレーボトル ・計量カップ
使用するスプレーボトルは、ポリプロピレンやポリエチレン、ガラス製のものを用意してください。ポリスチレン(PS)と表示されたるものは溶けるおそれがあります。 もし誤って使用、ボトルが溶けてしまったという場合には、ボトルの成分もなかに溶け出ているので中身も一緒に処分してください。

作り方

1. スプレーボトルに無水エタノールを10mlと、ハッカ油を数滴入れる 2. ボトルを振って混ぜ合わせる 3. 精製水を計量カップで90ml測ってボトルに加え、振って混ぜ合わせて完成

使用する前に!ハッカ油の注意点

さわやかで刺激的な匂いが魅力のハッカ油。その匂いからも想像できるように、刺激が強いので使う前には必ずパッチテストをおこなうようにしてください。

ハッカ油の原液は使用しない

ほかの精油同様、ハッカ油も原液をそのまま使用することは控えましょう。特にお肌に使うときには必ず精製水やエタノール、オイルなどを使って薄めるようにしてください。

妊娠中の方、1歳以下のお子さんへの使用は控える

その匂いの通り、ペパーミントと同じ精油であるハッカ。妊娠中の方、1歳以下のお子さん、そしてご高齢の方への使用は控えるようにしましょう。また、ペットや小動物がいる空間での使用も控えるようにしてください。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS