飲み頃をキープ!シャンパンクーラーの種類&おすすめ10選

シャンパンをおいしく飲みたいなら、しっかりとボトルを冷やしたいもの。そんなときにぴったりのアイテムが「シャンパンクーラー」です。今回は、シャンパンクーラーの特徴や素材、形状などの違いをチェック。おすすめ商品もご紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

2019年4月25日 更新

おいしさをグッと高める「シャンパンクーラー」

シャンパンクーラーとは、金属製や木製の容器のなかに氷と水を入れ、シャンパンを冷やすためのアイテム。シャンパンをクーラーでよく冷やすことで、独自の風味や味わいを引き出すことができます。

また、特別感の演出にも大いに役立ちます。おしゃれなクーラーを置くだけで、部屋の雰囲気を一気にエレガントにすることも可能ですよ!

シャンパンと温度の関係性

本場フランスでも、シャンパンはよく冷やして飲むのが一般的。しっかりと冷やすことで、シャンパンの風味を損なわず飲むことができます。種類によってことなりますが、適温は4~8℃といわれています。

甘口のシャンパンはコクを引き立てるために4℃前後で。辛口のシャンパンはさわやかな味わいを生かすために7℃前後で冷やすのがよいといわれています。

シャンパンクーラーの種類と特徴

素材による違い

ステンレス製

ステンレス製の特徴は、錆びにくく耐久性が高いこと。また、シンプルで高級感のあるデザインの製品が多く、簡単に贅沢な雰囲気を作りだしてくれます。同じ金属でアルミ製のものもあり、アルミ製と比べ軽いのが特徴です。

アクリル製

アクリル製は耐久性に優れ、結露しにくいのがメリット。透明なのでボトルの涼やかさを演出でき、とくに暑い時期にぴったりのタイプです。

陶器製

陶器製のシャンパンクーラーはどっしりとした重厚感があり、落ち着いた雰囲気を与えます。こちらはシックな大人のパーティーにうってつけ!

大きさや形による違い

バケツタイプ

シャンパンクーラーのなかでも、もっともオーソドックスなタイプ。簡単にシャンパンを冷やすことができ、素材・デザインの種類も豊富です。複数本冷やせるパーティークーラーもあり、パーティーや女子会などで活躍します。
1 / 3
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS

WRITER

tumu

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう